ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

ワクチンの分類と、ワクチンの闇について

こんばんは。

今回の記事では、ワクチンの分類と、ワクチンの闇について語っていけたらいいなと思います。

インフルエンザワクチンと新型コロナウイルスワクチンの分類

まず、皆様にはっきり申しておきたいことがありまして、記事を書いているのですが、お分かりでしょうか?

実は、インフルエンザワクチンと新型コロナウイルスワクチンを同じように考えている方が、おられる事を、あるブログを読み知りました。

急いで補足しましたが、それだけでは足りないと考えましたので、こちらで記事を書いていきたいと思います。

インフルエンザワクチンについて

任意性の接種でよいワクチンである。

ワクチンの分類としては、ウイルスの病原性を弱めた不活化ワクチンとして市場で取引、現場にて使用されている。

ウイルスの培養の関係で、卵を使用しているため、アレルギーがある方には使えない。

新型コロナウイルスワクチンについて

国の主導で、接種が増えている、今まさに注目のワクチンである。

ワクチンでは初のmRNAワクチンとして市場で取引、現場で使用されている。

赤字で示したところは、今後誤ることがないように、していただきたいと思います。

全くの別物です。注意して下さい!

ワクチンは光だけではない、闇を知ってこそ、使う意味を理解できる。

皆さんのなかには、ワクチン接種が神話みたいになっているかもしれません。

ワクチン接種して、症状が軽く済んだとか、かからなくてすんだと、なんとなく感じているのではないでしょうか?

しかしながら、ワクチン接種したとしても、抗体がつく人、つきにくい人と、様々です。

ワクチンが作られて、治験又は接種後に、もしかしたら人が亡くなっている、もしくは、身体が不自由になった人たちもいます。

例を挙げると、子宮頚がんワクチンが有名ですね。

これは、接種年齢である中学生〜高校生の女子学生が実際に、接種後に副反応で、身体がこわばったり、手足の感覚がなくなるなどの症状がでて、問題になりました。

しかしながら、ワクチンとの因果関係は否定され、今は解決したように見えています。

しかし、その一方では、あまりにもセンセーショナルに報じられたため、国も定期接種をしていることを大っぴらに報道することができなくなったという弊害もあります。

その他、ワクチン接種による副反応として報告されているものは後を断ちません。

ただ、皆さんに考えてほしいのは、そういう副反応でワクチンに対する嫌悪感なり、嫌う風潮が出てきているのか?という事についてです。

そういう嫌悪感が、日本や世界に広がっていれば、ワクチン開発に躍起になる事はありませんでした。

しかしながら、今や新型コロナウイルスワクチン接種が、全世界国を挙げて接種を主導していますよね。

結局は、ワクチン接種によるリスクよりも、ベネフィットが上回っているから使われるのであり、現実的に予防医療の枠組みに入っているんですね。

そういう事実を理解した上で、ワクチン接種をより効果的に使用する方法を考えていくのが、重要ではないでしょうか。

以上で終わります。