ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

女性必見 婚活する前に、平均年収上げておけ!

こんばんは。

今回の記事は、婚活をする前に、若年女性の皆さんは、ご自身の年収を年齢相応の平均年収より上げておけ!という事をここではっきり言わしてください。

30代の平均年収は、なんと378万円。

衝撃的なはなしです。

三十代で平均年収が、400万にも満たないということに驚きを隠せません。

事実、こちらのグラフを見れば、なお、衝撃を受けるのではないでしょうか?

f:id:yakuzaishis:20221202205208j:image

こちらは、三十代の女性の年収分布図です。資格取得者になり、働き始めて、稼ぎが良くなったと感じる人は、それなりにいると思います。しかし、なんぼ働いても、平均年収以下、または追いつかない人もいます。

このグラフを見ればわかりますが、年収が400万からの女性と、400万までの女性で、かなりの差が見られます。もしかすると、7割の女性が、400万に満たない中で働いていると断言できます。

一方で、400万から1000万に至るまでの年収を稼ぎ出しているのは、3割に満たない人たちであると考えると、どれだけ差が出てきているか考えられるのではないでしょうか?

年収と資格は相関するという事実

年収と資格の相関は、恐らくあります。

特に、医療系資格や士業などは、ある程度の実力と本人のやる気次第ではありますが、年収が高まる事は普通にあります。

何も、一般職や事務で働いている方に対して、馬鹿にして言っているのではなく、そういう職にいる方ほど、年収が上がらない理由がある事に気づくべきです。

男性も生き残りに必死。女性も、自分の資産運用は必要です。

今や、年功序列自体が崩壊してしまい、企業も退職勧告やクビキリで立て直しを計り始めました。

男性は特に、エリートサラリーマンであれば、あるほど、年収が莫大な金額になる事があります。資格取得者でも、同じレベルの給与まで、引き上がる人もいます。

一方で、女性の場合、男性に比べると年収的に低いです。600万から1000万の幅に入って、稼ぎ良くしている人は、ほんの一握りです。

その事実を理解し、自らに努力で、年収を上げる努力をしなければ、生活に困る可能性もありますよね。

若年層の女性よ…婚活をする前に自身の年収を上げる努力をまずせよ。

年収を上げる努力は、誰でもできます。

それを、20代の時にやっている人たちがいるんですね。だからこそ、医療系資格を取得している人たちが、食いっぱぐれがないんですよ。

そういう努力をしている人たちだからこそ、自分の年収が、平均年収よりも高い水準でいられるんだと思います。

婚活をする前に、どれだけ、年収を高めることができるか?そこをきちんと認識して対応することができる人が求められると考えます。

皆さん、それぞれの努力が必要です!