ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

私が、精神科又は心療内科を受診できていない訳

こんばんは。

私は、自分が、発達障害の可能性があるとは、周りからの反応で感じたり、今までの親からの反応から感じてきました。

しかしながら、幼い頃から未だに心療内科や精神科に受診することができていません。

かなり、いろんな意味で生きづらさを感じてきているのに、未だに受診ができない事実。

その理由を説明していきたいと思っています。

精神科又は心療内科への敷居が高い。

何回も数ある精神科や心療内科のホームページをチェックして、どこがよいか?散々見てきました。実際に近くまで、行ったことがありました。でも、行けなかった。

それは、私にとっては、精神科や心療内科は敷居が高いという事でした。

ホームページ上では、気軽に受診を!とキャッチフレーズが出ていますが、それこそ、受診している人、又は受診の後の通院ができている人は、相当な勇気を出して、受診をされたんだということでしょう。

気軽に受診ができるような場所ではない、イメージが先行し、たくさんの受診がなされないのも、致し方ないと思っています。

発達障害への世間の目、態度、評価。

私が、受診ができない理由に、発達障害に対する世間の目、態度、評価が低いということです。

未だに、発達障害のある方に対する差別や偏見は根強いと思っています。

もちろん、私の場合は、まだ、発語いわゆる言語でのコミュニケーションが可能ですから、まだ良いほうです。ただ、発達障害を公表されている方で、自分なりに知り合いであるたかぴすさんだって、SNSで、知能遅れと言われていました。悲しいけど、何も知らない人に言わせて見れば、ただの変人で、おかしな人だということしか言えないのだと思います。

自分の生きづらさを解消するのが先。だけど…。

もちろん、生きづらさを解消するのが先。そうだと思っても、私は出来ないなと感じています。それは、自分の周りの反応と将来的にどうなるのか?という事を、考えなければなりません。発達障害であることが分かれば、自分の納得にはなります。しかし、今現在の発達障害への風当たりの強さはかなりのものです。自分の納得には、なりますが、それだけではすまないと思っています。

ここまで読んでどうでしょうか?コメントお願いします。