ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

報道のあり方について

こんにちわ。

皆さんは、今の新型コロナウイルス感染症関連の報道を見て思うことはありませんか?

私は、たくさんあります。たぶん、医療関係者の方々でも、違和感を感じている方はいるんではないでしょうか?

今回の記事では、私がなぜ違和感を感じているのか?報道されない論文やデータの存在がある理由について、自分なりに考えている事を書いていきたいと思います。

報道されない論文やデータの存在が示している事。

実は、たくさんの論文やデータが報道される事なく存在しています。なぜ、これだけの論文やデータが報道されないのか?こちらが疑問に思うぐらいにあります。

で、はじめて思うのですが、報道する論文とされない論文の違いについて気づいた事がありました。

それは、体力と新型コロナウイルス感染症の相関や栄養素と新型コロナウイルス感染症の相関など、陽性化から重症化に至るまでに、関係するであろうもの報道がされず新型コロナウイルス感染症に対する感染症対策関係の予防法などに対するデータや論文報道されている、ということが、わかったからです。

これって、おかしくないですか?

海外メディアに対しての忖度か?

海外メディアに対しての忖度も、かなり報道でされていることを感じています。

特に、海外メディアの中でも大手であるBBCやCNNなどの新型コロナウイルス感染症関連の報道をそのまま流しているのに対して、その方の海外メディアからの情報はほぼ入ってきません。特に、私が前々回の記事でリンク先としてつけたスイスの公営放送の情報となれば、さらに入ってきません。新型コロナウイルス感染症の状況から考えれば、いろんな要因があるにせよ、免疫力や抵抗力の有無が、無視できない事態にきていることや、スイスの製薬会社大手のロシュが、免疫力を測る検査キットを作ると、公開しているということ、医療関係者でどれだけご存知でしょうか?そういう話になってくるんですよ。報道すべき内容と、そうでない内容の吟味をもう少し是正すべきではないでしょうか?

報道されない事実に目を向けることの重要性。

皆さんな中には、テレビを見て📺、その報道を鵜呑みにしてしまっている方もおられると思います。しかしながら、その報道のあり方や報道そのものが、どれだけ情報操作されているかを知らないまま、報道を見ているのは、物凄くダメな話やなと思うんです。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大があり、皆さん怖い、なったら嫌だと、各々が活動自粛をして、さらに重症化を自分で、高めてしまっているということに、気付けていません。

適切な判断の上で、報道しなければならない論文やデータが数多くあると感じます。気づかないといけないのは、国民も同様だと思います。

私たちが報道のあり方に興味を持たないといけない。

私たちが今まで報道にきちんと向き合ってこなかったことが、今の報道による情報操作に繋がったのではないか?そう考えています。

これからは、私たちが、報道されない事実に目を向けていくという、自主的な行動が求められると考えます。

皆さんは何を思いますか?コメントを残して頂きたく思います。