ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

無事に三週間経ちました!

こんばんは。

今日はなぜか給与日でした。そもそも私は、まだ1か月も働いていません。ただ、日割り計算で出しているらしく、渡していただきました。

で、衝撃的な手取り額に愕然としました。

約10万円でした。

前職での給与では、多くても25万から少し前後する程度の誤差でしたが、まさかの額。

これが、病院で働くことの意味かと、軽く洗礼を受けました。

ただ、私の給与そのものは、本当は出るレベルではありません。私の父の給与から300万を私の年収にしているだけです。

(私の父の給与を知っている人は、敢えてスルーしてください。)

とまぁ、お金のドロ沼な話は一旦休憩しましょう。

ここから先は、しっかりと向き合ってきた病院の業務と前職との違いを明らかにしながら、これからの向き合い方、考えたいと思っています。

薬局と病院で求められること違う

そもそもですが、私の前職や薬局です。薬局は、医療機関(病院や診療所)から院外処方箋を発行して、薬局で調剤をして頂くという構造をしています。

一方で、私の働いている病院は、院外処方箋を出しはいません。院内処方箋により、調剤してそれを出しています。

保険について復習すると、院外処方箋を出す時にでるのは、処方箋料です。ただ、院内処方箋で薬を出す時は、処方料となります。

やらないといけない業務が沢山。

そもそも、病院では、外来診療だけではなく、入院診療も並行してやっている医師が多いのではないでしょうか?

薬剤師二人体制ですが、やらないといけない業務はたくさんあり、かなり毎日ヘトヘトになっています。

ただ、前職の時と違い、薬剤師だけではなく、医師や看護師さん、看護補助の方々との連携の必要性も考えることができる、ありがたい職場だなと感じています。

ただ、業務がかなり複雑なところもあり、優先度を考えた仕事が必要だと思います。

これから私なりに考えている事

とにかく、今できる仕事を増やすのはもちろん必要。だけど、それに並行する形で、薬の勉強もしていきたい。そう思っています。

薬剤師として、ある程度の薬の知識や、化学的な知識なんかは、今後必要になってくるであろう事です。

仕事ができる事だけではない、薬剤師として、自己を提示できる力を身につけていきたいと、強く思い頑張っていきたいと思っています。

頑張っていきます。