ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

小野田紀美さんを私は応援しています。

こんばんは。

与党議員でありながら、参議院議員衆議院議員を合わせても、これだけやる気と熱い気概のある議員はいないでしょう。

私は、今回小野田紀美さんをより応援していきたいと思って、記事を書いています。

決して回し者でもなければ、党員でもありません。それであっても、応援したい気持ちが溢れてくる議員であります。

都議会議員から参議院議員へ転換

彼女をなぜ私が応援しているのか?理由は、実績がある中で、世の中の不条理に対して、反発してでも、改善していきたいという気持ちがあります。もともと正義の味方になりたいという気持ちがあったとのことです。

彼女が偉いのは、まず政界での実績づくりに取り組んだこと。参議院議員選挙で、当選した根本的な理由は、まず間違いなく実績があったからです。もちろん、東京都議会議員を二期の途中で辞めたことに対するバッシングはあったかもしれない。でも、国のために働いていきたいという気持ちがあると言う事は、紛れもない気持ちからである事は、理解できます。

会社員経験からの政界入り

まず、社会経験を積んでる事でしょうか?そこが、今の小野田さんの軸になっていると感じます。

参議院議員選挙対立候補だった黒田さんという方がいましたが、経営者であり、ある意味やり手だったのでしょうが、現場を知り尽くしている社員により、会社の業績が作られている訳であります。もちろん、創業者で一から作ってきた三崎さんみたいに、現場に長くいるからこそ見える事があると考える人ならよいですが、二代目、三代目と現場で働いてきてという人ではない場合、現場を知らずに、経営者になる可能性がないわけではない。そういう実情がある中で、政界における実績がないのに、選挙に勝てるなんて、そんな甘いものではないんだという事を、小野田さんが当選した時に感じました。

迫力が違う。他議員との比較。

話が飛びますが、私が一番感じるのは、間違いなく、迫力が違うことでしょうか?

わかりやすい簡素な質問。再度の質問。細切れだけど、鋭い質問に私は大変頭の良さを感じています。大学は、拓殖大学でありあまり聞き馴染みのない大学かもしれないですが、物事を的確に見つめる力のありようなどを見ると、学歴があるほうがいいが、それだけではない。

そのように感じます。

岡山県をよくしたい。石破茂さんと同じ思いを持っている事。

私が、よく知る政治家の中で、一番好きなのは、石破茂さんです。鳥取県から衆議院議員として何度も再選している強い人ですが、鳥取のために、必死になっている方です。

小野田さんも同じで、岡山県をよくしたいという気持ちをむちゃくちゃ持っています。

石破茂さんと連携して、鳥取県岡山県も相互に連携して町おこしや県全体をあげた取り組みも、知事任せではなく、議員自ら頑張ってほしいと思います。

以上が、私が小野田紀美さんを応援している理由です。これからも、しっかり頑張ってやっていってほしいです!以上です。