ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

私が薬局薬剤師になり、病院薬剤師になった理由

こんばんは。

今回の記事は、私がなぜ、病院薬剤師にならずに薬局薬剤師にまずなったのか、病院薬剤師にその後になっていたのかを、敢えて記事にする事にします。

薬局薬剤師になった理由

薬局薬剤師になった理由は、紛れもなく、患者さんと近くで関われる関係になりたいと言う強い思いからでした。

病院薬剤師を継ぐんがわかっていながら、なんで病院薬剤師にならなかったのか?そう疑問視する方もいるでしょう。

敢えて言わせてもらうと、病院薬剤師として、働きたいという願いが、叶わなかったからです。

薬局を辞めてみてどうか?

薬剤師である事は変わりはないですが、やはり、病院薬剤師と薬局薬剤師は、やり手の薬剤師を除くと、ピンキリだなという印象を強く感じました。薬局を辞めてみて感じたのは、薬局薬剤師でも、最強の薬剤師だと感じる人、日々会社のために、フットワーク軽く出張したりする社長のような薬剤師など、いろんな薬剤師がいる事で、薬局そのものが、まわっているんだと感じました。

薬局薬剤師から病院薬剤師になって感じた事。

まず、薬局薬剤師から病院薬剤師に転身したことに対して。

もの凄く大変、だけど楽しいです。薬局薬剤師のような窮屈さがありません。

どこに窮屈さがあるんかですが、周りが薬剤師なので、薬剤師同士の繋がりは強固になりますが、こと、在宅医療などの店舗外での医療関係者との関わりは、店舗によって異なる感じになります。もちろん、それも仕方ないですが、本当に自分がしたかった事だったのかなと感じました。

薬局薬剤師になるにしろ、病院薬剤師になるにしろ、当事者意識無くして働けない。

私が薬局に就職した理由は、裏の理由があります。それは、薬局経営の裏事情を知ることに、ありました。大学時代の同士で、薬局の子が、おりまして興味がありました。患者との関わり以上に、薬局の経営の裏側を知りたかったわけです。もちろん、半年という短い間でしたが、会社全体の考え方や、社長や会長のビジョンなど、たくさんしれる機会になったと思います。

その時に、常に感じたのは、当事者意識を持つことの重要性でした。常に、会社のために、動き続けること。取材を断らない姿勢。

もちろんついて行くことが難しい人もいたでしょう。ただ、当事者意識を持ち、会社のために、走り回っていたのは事実です。雇われの身だから、薬局や病院の経営には関係ないと、いう認識は、もう通用しないと思います。しっかり、薬剤師としての役割を果たす、会社や組織を維持することが、大切だと感じます。