ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

コロナ禍による体力の重要性

おはようございます。

今朝、整形外科医のひろちゃん先生のブログにつけたコメントに対し、先生より返信を受けました。

普段からの身体づくりでコロナ感染しないというデータがありましたら是非お教え下さい。

以前から私が記事に書いている事で、コロナに感染しないための身体作りの重要性を書いてきましたが、ふと、この考えに裏付けしたくなりましたので、再度、記事にしたいと思います。

コロナ禍で体力は低下傾向にある

活動自粛がされた2年前に比べたら、それほど活動が自粛されている様子はありません。しかしながら、体力的にはかなりの確率で低下していると私は睨んでいます。

それを感じているのは、こちらの論文であげてあるので。

f:id:yakuzaishis:20220612084314p:image

後は、体力とコロナ感染の相関性について、次章で書いていきます。

体力とコロナ感染について

小中学生体力低下の原因は? スポーツ庁「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(2) | スポーツ栄養Web【一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ)公式情報サイト】

コロナ感染により、活動自粛を余儀なくされるようになりました。

学生さんのスマホ使用が長期化し気づくと、体力の低下が顕著になってしまったようです。

活動自粛に伴い、肥満も学生の性差関係なく進んだ模様です。

普段から運動していても、男性のほうが効果を感じられやすいのに対し、女性はあまり効果を実感しにくい状況のようです。

https://nuis.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3471&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

そういう状況化であるにも関わらず、肥満化は増加傾向にあります。体力は低下しているのに、肥満化は進んでいる。これでは、コロナ感染が簡単になるのが、明確ですよね。

体力的に元気なほうが感染しないのは、まさにいうまでもない話であるといえます。

普段からの身体作りが、コロナ感染からの身を守ることにつながる。

体力的に元気だから、ワクチン接種を忌避している方がいるのも可能性としてはないとは言えません。しかし、体力がある事があくまで、感染しないための基盤であり、その上での感染予防が効いてくると私は、考えています。

ただ体力的に元気だと思っていても、日頃からの運動や身体作りを本当にきちんとされてますか?している方には、失礼になりますね。でも、ご自身が思っている以上に、体力があるとは言えないと思います。熱中症に気をつけてはなりますが、自分の身体作りをしっかりなさってほしいと思います。

もちろん身体作りや体力を維持することで、コロナ感染にしにくくなる可能性はありますが、あくまで、油断は禁物ですので、そこはよく考えて頂きたいと思っています。