ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

真面目さと自殺の関係について

こんばんは。

自殺してしまう方が多い事、報道の危うさなど私自身が感じる事がたくさんあります。

実は、私も自殺を真剣に考えていた時期がありました。では、なぜ、それだけの精神的な状態になるのかを今回考えていきたいと思わざるを得ません。

真面目さと自殺の相関性について

f:id:yakuzaishis:20220512184333g:image

こちらは、失業者と自殺者の相関を見たグラフであり、これを見て皆さんは何を感じましたか?確かに、2000年以降は失業者が増えても、自殺者は横ばいになり、増加傾向でなくなっているのは、理解できます。しかしながら、以前は、失業者が増えれば、自殺者が増えるという相関性がありました。年齢層であれば、20〜40代もっといえば、30代、40代あたりの勤労者が亡くなっているという実情であります。

仕事の鬼とか、仕事にやりがいを感じて必死になっている人が、もしかしたら、鬱になり、自殺を図っているという事が考えられます。

うつ病の本質と本当の怖さについて

医学部で精神医学を勉強してきた人や診療を実際にしている人であれば、ある意味理解しているでしょう。うつ病がどれだけ怖いか、その意味をこの章では記載していきます。

うつ病で自殺してしまうタイミングについて、大学で学んだ方ならわかると思いますが、回復期に自殺を図ってしまう可能性があります。

f:id:yakuzaishis:20220512191033g:image

回復してくると何かしらの気持ちが、出てくるし、前向きにいく場合ではない場合は、自殺してしまう可能性がないとはいえない。

そのため、薬物治療をしていても、うつ病患者さんから目を離すなという事を言われるのは、当たり前な話であるんだと言えます。治療している患者さんでも、自殺してしまう可能性があるという事を、理解する必要があります。

真面目な人たちばかりが、追い詰められる。

今回の報道の危うさを感じるのは、自殺の事実だけを報道するだけではなく、家族全員のプライベートも報道してしまう事にあると思っています。それに、なぜこれだけ真面目な人たちばかりが、自殺してしまうかの検証がされていない事に私は苛立ちを感じています。

真面目な話をすると、自分の周りにも、人間が真面目すぎて円形脱毛症になったり、精神的にしんどくなるなど、人一倍頑張っている、頭がいい人ならなおさら、より頑張りすぎる。そしてそういう人の足をを引っ張ってしまおうと考える人もいます。許される話ではないとは思いますが…。ただ、頑張っていると自分やその家族が言っていても、結果が伴っていなければ、なおのこと言われる事も、含めて一人一人が考えることが大事だと思っています。

以上で、終わります。

こちらのサイトを参考にしました。

三重県|こころの健康センター:うつ病

自殺者数と景気の関係 - NTTコム リサーチ 調査結果