ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

勉強する意味

おはようございます。

皆さんは、なぜ勉強をするのか、考えたことありますか?なぜ、資格取得をするのか、考えたことありますか?

私がいろんな記事を書いていたり、ほかの記事を読んだりして感じたことは、皆さん一人一人が生きていく術を身につけていくために、勉強しているという事です。

ここから書いていく事は、私に限らずほかの方も感じている事、私本人の事などを書いていきたいと思います。

私に限らずほかの人も感じている事。

皆さんは、稼ぎ出す力を考えたことありますか?皆さんの上の世代であれば、いい大学に行き、いい就職につくことが成功とされていました。しかしながら、終身雇用制が崩壊、副業や転職、資格取得など、自分の市場価値を上げる努力をすることが、求められるようになりました。此れは、何も医療関係者には関係なくない話です。医師になったから、薬剤師になったから安泰ではない。もう、その時代になっています。今のコロナ禍により、会社が倒産することが多くなりました。ただ、これは時代の波に乗り遅れてしまった企業が多かったと言う結果だと言わざるを得ないと感じています。

ただ、そんな事態でも、変わらないことがあります。

それは、人の心を掴むこと。社会が求めるニーズに自分が目を向けていくこと。それが、できて初めて会社が存続できます。小さな飲食店でも、長い列がコロナ禍になっても続く店があること。これが意味している事、この記事を読んでいる、そこのあなたならわかるでしょう。

私本人が感じている事

私は、勉強することで得られる事は、三つあると思います。その一つは、自分で稼ぎ出す力を身につけていけたこと。もう一つは、仲間を作り、今も関係が続いている事。さらに一つは、勉強することで、視野が高くなったこと。

この三つは、私が中学受験なり、大学受験、国家試験受験で見えてきたことです。仲間を作ることは、受験に於いては必要ない。そう言われる人もいます。しかし、私は受験こそ仲間はいると思います。成功することは確かに仲間がいてもいなくても、努力をしていれば、特に問題なく成功はします。ただ、そこに至るまでに、長く険しい道に一人で行く事に、疲れてしまうとか、1人では、抱えきれないこともたくさんあると思います。同じぐらいの熱量で話ができる人と一緒なら努力ができる。甘い話ではありますが、それで成功を掴んでいる人もいます。皆さんが思っている以上、受験のしんどさはあると思います。

起業を目指している人も同じです。よく、三崎さんの動画を見ていて、言われることに、起業は一人でやった方がいい。共同経営者で成功している人、見たことないって言われていました。

もちろん、一人で全てを背負い込む勢いで、起業するとしても、分野がかなりの壁になりうる場合、自分では答えを見出せないことがあります。朱華さんや真太さんがされている事は、普通の業界とは異なり、より突っ込んでもの事を考え無ければならない、医療業界とはそういうところです。だからこそ、仲間がいたらいい意味で、アイディアを思いつくと思います。

新たな気づき、勉強することの意味とは?

私が一番感じるのは、この新たな気づきを見出せることこそが、勉強する意味ではないかと感じています。

私がそれを感じたのは、大学であった方であり再受験生の方である松原さんという方を見ていたからです。彼女が参加した、おかやま国際塾での報告会。彼女が、実際に目を向けて体験したであろう事例の数々を、私たちは追体験していくように感じました。そして彼女が、自分なりの気持ちなり、考えをきちんと、持ち合わせていることに、私は尊敬の眼差しで見ていました。

彼女の顔から感じた思いや気持ち、もはや、ある種の覚悟を決めた一人の人だと感じました。

まとめ

勉強することの意味。なかなかわからないことが多いと思う人もいます。

ただ、一つだけ断言できるのは、勉強を続けていなければ、到達しえない考えがある事だと思います。

勉強すればするほど、自分の言葉で考えることの重要性に気づけると思います。みなさんも、この事実に早く気づき、そして早く勉強の良さを実感してほしいです。

時代の波を知る、社会的な成長や動向など、知らないがために、潰れてしまう。そんな悲しみを感じなくなるように、皆さんに理解してほしいです。