ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

私が半年だけ薬剤師として働いてみて感じた事

こんにちわ。

薬剤師国家試験合格してから、3カ月の就職活動の後、前職のハートライフ薬局松島店に入職しました。しかしながら、半年間の試用期間ではありましたが、薬剤師としての正式な採用は難しいという事になりまして、退職し、今に至ります。

もちろん、薬剤師として働いてみた経験から、お薬手帳の重要性や薬局薬剤師の難しさなど、短い期間ではありましたが、考えなければならない事が多いなと感じています。

この記事では、私が半年間働いてみて、自分なりの考えなり、思いなりを込めて書いて行きたいと思います。

半年間働いて感じた事。

そもそも薬剤師国家試験合格してから就職活動を3カ月かけて行いました。かなりの難航度合いでした。人材派遣会社経由で就職活動をさせていただきましたが、うまくいったかなと思っても、なかなかお祈りメールがきたり、内定後に、内容が変わったりと、かなり波乱な展開になっていました。そんなこんなで、ようやく前職で拾ってもらい、薬剤師として働いていこうとしました。

半年間働いて感じた事として、人間関係の良さが、人が働く上では必要だなという事です。

実際、人間関係と働く環境との相関性は、こんな感じになっています。

f:id:yakuzaishis:20220330111843p:image

実際に、就職活動をしている時も、職場の人間関係を垣間見ることがありました。上下関係があると、社長に対して強く言えない、自分なりの意見が反映されてこないなど、不満をこぼす方がいる職場は、違うなと思いました。

話をずに戻しますが、人間関係の悪さが、転職を考えるきっかけとしてあるんだという事から、分かると思います。

後は、社長の仕事ぶりや、管理薬剤師の先生たちとの話から、ここでなら長く勤められるんではないかという、気持ちを持ちました。

しかしながら、自分なりの仕事は、自主性が高いわけではなく、力を持っていなかったので、力になれずある種の戦力外通告を受けたという事になります。

自主性を磨く、指示待ち人間からの脱却が必要だった。

前職での人間関係はすごく良好でした。期待もされていたぐらいでした。しかし、私の中では、自主性を磨くことができなかったのです。

忙しく人手が足らない状態の薬局は、手を増やしてまで、この状況をなんとかしたい。ですが、教育体制が整っているわけではないため、ある程度の自主性が、求められます。

もちろん、主体性も高い事が求められるのが、医療職ではあります。

f:id:yakuzaishis:20220330113540j:image

こちらの図をみて感じて頂きたいのですが、主体性(理解度)と行動意欲(自主性)と考えられます。わからない事ばかりで、動けない状態の時もありました。ですが、自分で考えて動けないといけない事、指示待ちの状態では、周りが忙しい中では誰も教えてくれないです。結局は、自分の頭で考えながら、自分で動けないと、仕事はできていかない。そういうものだと確信しました。

薬剤師のあり方などを考える機会を経た今感じる事。

薬剤師経営者の動画を見て感じたり、私なりに仕事をしてきた身として感じた事は、薬剤師のあり方そのもの、資格のあり方や、就職する意味合いなどを、深く考える必要があるなと感じています。人間関係は、もちろん必要です。しかしながら、どれだけ人間関係がよかったとしても、薬剤師としての仕事をしていけていないと評価されれば、いる意味がない。クビを切られるわけです。尚、私のように、今働いていない人がいう事なんて、軽いものと感じられるかもしれません。もしそう思われても、私は大丈夫です。これから先、いろんな意味で勉強や学びを得る事で、見えてくることを大切にしたいなと思います。いろんな意見があると思います。皆さんはどうでしょうか?

こちらが参考にしたものです。

従業員エンゲージメントとは?企業の取組事例や向上施策、メリットまで徹底解説 | BizHint(ビズヒント)- クラウド活用と生産性向上の専門サイト

職場の人間関係で悩んでいる方!いますぐ環境を変えるべき理由とは。 | 隣の仕事は青く見える