ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

虫歯は、口だけに止まらないよ。

こんにちわ。

今回は、虫歯と全身状態について、口腔環境に止まらない怖さを書いていきたいと思います。

虫歯と全身状態について

f:id:yakuzaishis:20220324131138p:image出典は、医療法人社団開成会です。

虫歯は口腔環境の悪化によりおこります。が、実は口腔環境だけに止まらない怖さがあると言うことを知っていましたか?

f:id:yakuzaishis:20220324131418j:image

これは、実際に男性患者さんの脳のMRI画像です。これは、虫歯をほったらかした挙句に、脳膿瘍ができたという悲しい事実です。

薬剤師がなぜ、記事を書いているのか?

人によっては、歯科医師ではなく薬剤師がなぜこんな記事を書いているんだと思うかもしれません。が、実際、膿瘍の場合は、虫歯の放置による口腔環境内に住む細菌感染によるため、薬物治療の対象になり得るからです。

だいたいなら、原因菌としては、黄色ブドウ球菌や、連鎖球菌が挙げられます。が、虫歯の原因菌であるストレプトコッカス・ミュータンスが原因で起こることもあります。

脳膿瘍の治療は、薬物治療となる化学療法と、大きさなど加味して手術と言う外科的治療が必要になります。

薬物治療において、必要な知識

虫歯の原因菌であるストレプトコッカス・ミュータンスに対してどんな薬物治療が可能なのでしょうか?

この二つが、どの細菌種に入るか?

グラム陽性のレンサ球菌です。

グラム陽性菌に強いのは?

ペニシリン系抗菌薬ですね。

しかしながら、今や耐性菌が出てきているため、普通のペニシリン系では利用が難しいという事があります。実際に使われている薬物については、また調べておきます。

むちゃくちゃ怖さがわかったと思います。

虫歯は口腔環境が悪いだけだから、虫歯を治したら歯科医院に行かなくていい。それは、むちゃくちゃ誤った認識です。虫歯治療が終わった後からしっかりと通院してこそ、口腔環境を清潔に保つ事ができます。もしかしたら、虫歯をほったらかしていたら、その菌が元で、身体の全身状態を悪くしていきます。実際に、虫歯の原因菌が潰瘍性大腸炎などの原因になっていることなどがわかっています。どうか、きれいな清潔感のある口腔環境を整え維持してください。よろしくお願いします。