ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

本音を言わないのは、本当の思いやりか?

こんにちわ。

皆さんには、申し訳ないのですが、本当の思いやりってなんだと思いますか?

今回も、指名させて頂きます。

びるこさん(id:bereco)

働きたくない母さん(id:hatarakitakunai-haha)

あんにんさん(id:Anna010622)

お願いします。コメントでも記事でも、どちらかでお願いします。

私が感じたある事

私は、本当の思いやりが何か、正解がないなと思っていたことがありました。それは、実際に働いていた時にありました。

薬を飲んで治す。それが、セオリーではありますが、それだけで何もしない。それについて、薬剤師がただ受け止めるだけでよいのか?と感じました。私も、アレルギー性鼻炎を長期的に薬でコントロールしていますので、わかりますが、最悪の場合、慢性副鼻腔炎になる可能性があります。

実際、手術に対する恐怖であったり、画像診断への恐怖などを言われる患者さんが、おられるのは理解できます。しかし、それすらきちんと診療時間内に提案がされないの?と感じずにはいられませんでした。

受け止める事も必要、でも、それだけでは前に進めない。

薬剤師が患者さんの話を受け止めるのは、薬学部の教育課程でも、よく言われました。そうだよね、うん、うん。もちろん、受け止める事が凄く重要だと思います。ただ、それだけで、本当にいいのかな?患者さんのためになるのか?と思ったのです。もちろん、患者さんだってわかっているはずです。なのに、それを言わない事で、患者さんにそれでいいと勘違いさせてしまう事に、気がついていないのでは?と感じました。

薬剤師としての本音を話さない…単純にことなかれ主義か?

私がそう感じるのは、やはり患者さんに対する優しさとかそんなん要らんとは言いませんが、やはりある程度、患者さんのために話すことも必要だと思います。あくまで、薬剤師としての本音を言わない事が、患者さんの為ではないと思います。もちろん、薬剤師の先輩、上司として尊敬できる方と、お会いしてきましたが、やはり、本音で話をされる方は、なかなかおられないと感じました。

皆さんは何を感じるでしょうか?

私一個人の意見、考えを聞いて、そうは思わない方もいると思います。しかし、本当の意味での信頼関係なら、本音で話さないと向き合わないとつながることは難しいと思います。患者さんだって本音を話さない方に対して、接し方はわかりません。本音を言わず、建前だけの上っ面だけの信頼関係はまず、難しいと思います。

指名させて頂いた方の考えを聞いてみたいと思います。