ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

受験格差と私立中高一貫校の在り方

おはようございます。

私のブログに読者登録をして頂いている医師の方や医学生の中には、私立中高一貫校に通っている方ももちろんおられると思います。

もちろん全員ではないでしょう。ただ、ある一定数はいると思います。

ではなぜ、受験格差と私立中高一貫校の在り方を記事に書いているのか?

それは、非貧困層や富裕層という一定数の層が、子供たちの教育に真剣に向き合っているからです。

認知能力や非認知能力の高さも、非貧困層や富裕層のお子さんが多くなるのも、ある意味仕方ないと思います。

では、私立中高一貫校に行っていたRasが感じたことを書いていきたいと思います。

別に、今から書いていく内容は、中高一貫校に入るのが特別だとか、特権階級だとかを言うつもりはないです。ただ、現実を理解する一助になればと思います。

受験格差は、小学生の時から始まっていた。

私の時代もう18年も前ですが、私みたいに進研ゼミ小学講座をやり始めている子なんて、数えるほどしかいませんでした。個人事業主で経営している人の子や、親が装飾業の工場長、後は、教員やっている子が、塾に行かせてもらっている感じでした。

受験格差は、既に義務教育の時点で、起こっていることは、あまり知られていないと思います。

受験格差の怖さを知った事件

ある意味、いじめもこの受験格差の怖さを身をもって知った機会だと感じています。

公立小学校は、ある方が言われていましたが、日本全体の縮図であるとは、よく言い得ています。私やその当時いた転校生たちは、ある程度の裕福な家庭でしたし、かたや貧困層の家庭など様々な家庭がいるわけです。お金を出せば、勉強させてもらえる家庭とそうでない家庭で、ある意味二極化が進んでいました。

受験格差をなくすことは、現実難しい。

なぜ、受験格差そのものがなくならないのか?それは、学生全員のレベルが総じて上がっていない。だから、格差を是正する必要性がないと感じている方が一定数いるためだと感じています。そもそも、高校無償化する意味、本当にあると思いますか?公立の高校で進学校、例えば、兵庫県の北部なら、豊岡高校や八鹿高校、

鳥取なら鳥取東、鳥取西、米子東、米子西など、ある程度の大学進学実績を叩き出している高校で、無償化しますというなら、より一層、入学者の増加、優秀な人の流入率が増加すると思います。

しかし、高校無償化することで何が起きるか?それは、頑張っている人もそうでない人も一緒に学費を払わなくてよい。高校無償化というのは、そういう事を言っているのと同じ事です。例えが悪いですが、共産主義的な価値観を与える事になりかねないのです。頑張っている人にこそ、求められる話しではないかと思います。

私立中高一貫校があるのは、理由がある。

大学附属やそもそもの学園内の一環だったり、あるいは、お寺にあったり。いろんな形態で、私立中高一貫校は存在しています。なぜ、私立中高一貫校が求められるのか?それは、認知能力と非認知能力の向上を期待しているからです。非認知能力は、認知能力を高めるために必要です。実際、私の周りにいた人も、大学で内部進学されていた私立中高一貫校出身の方も、揃って非認知能力が高かったです。それは、ある程度、いろんな経験をさせてもらえた経験があると言われていました。もちろん、公立でも進学校から来られる方でもそういう方いましたので、例外はあります。が、総じて私立中高一貫校出身の方が、高かったなと感じています。

まとめ

このような記事を書いていると、私立中高一貫校だから偉いのかとか、言われる方もいますが、やはり理屈だけではない事実も関係しているのは、認識する必要があります。私自身はよく思います。もちろん、それが全てではないし、例外があるのはわかった上で、なお、受験格差と私立中高一貫校の在り方は、皆さんが考えいくべき話ではないでしょうか?