ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

実家の継承問題について

今回、コメントを頂いた中で、実家を継ぐか継がないかは本人が決めればよい。というものがありました。

そもそも私の家は、医療機関でありますが、調剤薬局ではありません。それ以上はいえません。

もちろん、ほかにたくさんの医療機関がある都会やそれなりの都市であれば、人材もそれなりにあると思います。

ただ、私の地元のように、病院の数が少ない、なり手がないという状況の場合では、話が違います。

無医村までには行かなくても、そこにあるはずの医療機関がなくなってしまうと、困るのは患者さんです。

もちろん、ほかに医師や薬剤師など、人材が潤沢にあるところなら、他の方が継承することも可能ですし、実際そういう薬局や医院に受診したり、来局したことがあります。

ただ、皆さんが思っているほど、そういう医療資源が潤沢にあるわけではない田舎では、そういう事ができないわけです。

もちろん、コメントを頂いた方を責めるつもりはありませんが、そういう状況にいないから実感として湧かないのかなと、読ませていただき、感じました。

もちろん、本人が、継承するしないを考えることは自由です。

ただ、継承しないことで起きる事態と、それによりデメリットを食うのは患者さんや家族です。

継承する前に、他のところで働いて帰ってくるという話に昔からされていました。もちろん、それを長延ばしにできればよかったのですが、それが早まったということです。

実際、ほかに医療機関を頼れるような環境であれば、患者さんも何も不安はないでしょうが、それができるだけの医療機関数があるからだと思います。

それに、医療機関は続いてこそ意味があると思っています。もちろん、経営がむちゃくちゃでもいいとはいきません。ですが、医療機関がなくなることで、今まで頼ってきた人たちも、困ると思っています。

読者登録されている方で、医師の中でも、実家は彼女又はパートナーに継いでもらうと考えている方もおられます。

もちろん、継承することで、患者さんが困らなくて済みます。

そういう実情がありますから、そんなに簡単な話しではないです。

たくさんのコメントを頂きながら、感じましたが、やはり、この継承問題に直面していないからこそ、他人事に感じるのかなと思いました。