ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

モンテルカストとアレルギー性鼻炎の関係

こんにちわ。

私は、耳鼻科に行っていたので、レボセチリジンやモンテルカストが出されていました。で、実際に飲んでみての感想。むちゃくちゃ、効いてくれました。今までは、レボセチリジンぐらいしか飲んでいなかったので、効かなかったからです。かなり、疑問を感じたので、書いてみようと思います。

衝撃的な事実が発覚しました。

モンテルカスト:ロイコトリエン受容体拮抗薬

レボセチリジン:ヒスタミン受容体拮抗薬

なんと、モンテルカスト>>>レボセチリジンであり、しかも、モンテルカストには、鼻閉の原因である鼻粘膜の腫脹を改善させるのが、レボセチリジンよりも強いということがわかっているんです。かなり、驚きました。今まで、こんな事知らなかったのに。

ロイコトリエン受容体とヒスタミン受容体の鼻粘膜における作用。

そもそも、鼻粘膜についてあまり考えた事がない人が多いと思うので、皆さんに鼻粘膜を見せます。

f:id:yakuzaishis:20220306121642g:image

こちらは、アレルギー性鼻炎の手術さんです。

アレルギー性鼻炎になるとたくさんの鼻汁が出ます。しかしそれだけではなく、鼻閉することがあります。

実際には、ヒスタミン受容体からの刺激で、鼻汁がたくさん出て、ロイコトリエン受容体からの刺激で、鼻閉が起きるんです。要は、鼻粘膜の腫脹に関与しているのが、ロイコトリエン受容体だったんです。

(なんてこった、私が数十年我慢した鼻閉で苦しんだ日々を返してくれ…。)

はい。心の声がダダ漏れですが、気にしないでください。

アレルギー性鼻炎は、ひどいと後鼻漏に苦しむ。

アレルギー性鼻炎は、沢山の鼻汁が出てきますが、鼻閉により出てこない場合が出てきます。

もちろん第一選択で考えるべきは、抗アレルギー薬の投与であることになります。しかし、それでもよくならず、難渋する治療もあるようです。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrhi1982/37/1/37_1_35/_pdf

私の場合は、水性鼻汁でありましたが、少ししてから粘性鼻汁を経験して、その度に、喉に張り付く違和感を感じていました。特に、鼻くそが溜まりやすいので、それもあるかもしれないです。乾燥すると、鼻くそ自体が乾くため、ちょっと違うかもしれません。

アレルギー性鼻炎だからといって我慢せずに受診を!

皆さんの中には、アレルギー性鼻炎を軽く思っているかもしれません。受験生なら、勉強の妨げになるかもしれないという気持ちから受診を控えている人もいると思っています。しかしながら、アレルギー性鼻炎をそのままにする事で、さらに自分の首を絞める事になります。

アレルギー性鼻炎による副鼻腔炎も実際に引き起こされています。さらに、後鼻漏による違和感。抗アレルギー薬を服用することで眠気がおこる可能性はあります。しかし、服用する時間を寝る前にするようにしてくれる医師もいます。相談してみて下さい。薬剤師においても、相談してみてください。