ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

受験生版Tiger fundingを見て感じた事

おはようございます。

私自身、批判される事もあるかと思いますが、この方のような考え方、気持ち、覚悟がない方に、医療系学部にはきてほしくないなという強い思いを改めて感じました。

もちろん、いろんな学歴があり、資格があるということ、いろんな生き方がある事も、感じています。それを理解した上での、記事である事を予めご了承ください。

では、書いていきたいと思います。

ある1人の医学部志望者の回f:id:yakuzaishis:20220203093747j:image

一度、目を通してみて頂きたいですが、なぜ、この回を抜粋したかを説明します。

もちろん、私自身が感じているだけかも、しれませんが、彼は、現役時に勉強だけを精一杯やってきたという自負を感じられたんですね。

そして、基礎学力の高さを物語るような経歴。

この人のように、現役時代に医学とは別世界の道に行ったものの、彼は、憧れだけではなく、実情を理解してそれでも、医学の道に進みたいという強い信念を持っています。

彼のように、強い気持ちで、医療系学部に入学しようと思う方が、どれだけいるだろう…と感じました。

受験生の皆さんに対していいたいこと。

私は、このブログとはまた別に、勉強関係のブログを書いています。そこでも、書いているんですが、やはり、勉強の仕方、成績の上げ方を間違えている方がいるという事。

ただ、過去問をして、目標点が出せたことで、油断してません?本番も、同じ問題でるんですか?でないですよね?

成績が上がっていかない方、特に、大手予備校で、我流で勉強している方に向けて。

成績が上がって来なければ、勉強したことにはならないし、そこに目がいっていない方は、だめだと思います。

単純に、目標点を越えるために、勉強しても、後に続かないと思います。

これは、私が一番感じていることです。