ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

医療現場は、医師だけではない。確かにその通りだが、それが理想論です。

いろんな考え、コメントが出ていましたが、その中に、医療現場は、医師だけではないよと言われている方もいました。

私も昔は、そう思っていました。しかし、それは理想論であり、実際には違うということを、感じています。

診療報酬は、医師や歯科医師が点数を稼いでいるんです。

皆さんは、病院に行ったことがあるなら、お分かりだと思いますが、会計が終わった後にもらう方は、見ているはずですが、領収書🧾がありますが、そこに書かれていますが、それをじっくり見ている方は少ないと思います。

f:id:yakuzaishis:20220131093209p:image

こちらを見て頂きたいのですが、医学管理、画像診断、初診、再診料など、医師が行う診療で、ほとんどを占めています。

診療報酬には、投薬がありますが、これは、医師が処方箋を出すことで出てくる、処方箋料と院内調剤で薬を出す処方料のどちらかであります。

病院薬剤師なら診療報酬の中で、自分たちが頑張っていけるところで、対応していく必要があるという事です。

医師がいないと病院や医療機関が成り立たないのは事実。

正直なところ、医療機関や病院などといったところは、医師が管理者として名前をだしているところが多いです。

医療法にはこういう記載がありますよ。

f:id:yakuzaishis:20220131095548p:image

こちらの記載のように、医療機関である病院や診療所の管理者は、臨床研修等修了医師が、なることが決まっています。

医師がいなければならないという事実を理解してほしい。

医師だけで医療現場は回らないとはよく言われるし、それは事実としてあると思います。

しかしながら、医師がいなければ医療機関を管理することも、経営することもできない。それが、事実です。

医師になるのも、大変だし、薬剤師でも、歯科医師になるのも大変である。しかしながら、歯科医師、医師は、現場の管理や経営を一手に引き受けて、自分の力で、現場を回しているということに私たちは気づいていないのではないか?と感じています。

だからこそ、覚悟を持ち、最後までやり切るつもりで、考えてほしい。

私の意見にしょうもないとか、言われている方はおられると思います。もちろん、そんなことはどうでも良いです。

私は、自分が理想論だけでは通用しないことに、気がついた身です。

医療系学部に憧れや理想論だけで、入るのは、本当にやめてほしい。頭がいいだけで、医学部に行きたいとなる人に対しても、一度頭を冷やして頂きたいと感じています。

これだけは、自分の考えです。では。