ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

薬剤師である以上、避けられない事

おはようございます。

今回の記事を書いた真意、汲み取って頂けたでしょうか?

私は、もちろんこの記事を、覚悟を持って書いてました。社会や、会社を変えることは、非常に難しいです。

それは、医療の現場に置いても、同じことが言えると思っています。

薬剤師である以上、避けられない事。

それは、周りが言わないなら、自分が言うというある意味覚悟だと思っています。

患者さんに対しても同じことですが、他の薬剤師の人が言わなかった事が、その患者さんには、必要であったり、それだけではなく、自分から、前に出て考えたり、実行する力がいると言う事です。

なぜ、私が記事を書いたのか、そしてこれから、実家で働く上で、大事にしたい事を書いていきたいと思います。

批判的な立場を持つ。

薬局で働いている薬剤師の先生方をみていると、誰かしら、批判的な立場を持たないといけないんじゃないか?と感じることがあります。

前に投稿していた記事も、会社批判をしていたとは思いますが、こういう立場が無ければ、薬局を俯瞰して見ることができないと感じます。

批判される事は、嫌なこと、批判することは、危険なことだと認識される事があり、実際に、頂いたコメントにもありました。しかし、私は、そういう思いや、意識を持たないまま、会社経営を継続することは、難しいと思います。

三者委員会を設置、労働組合を設置することも、会社で安心して働いていける環境を作り出すことは、むちゃくちゃ大切なことだと思います。

前の記事で、会社批判をするつもりはないと書きましたが、もちろんそのつもりはないです。

ただ、批判的な立場を持ち、記事を書くことが大切だと思い、書いていく事しかできないと感じたのは事実です。

退職した後のこと

私は、今日を区切りに、短い間でしたが、職場を辞めます。もちろん、何事なく、働く事を選ぶ事もできましたが、やはり、資格がありながら、事務で働くことに違和感を覚えたのは、事実です。薬剤師である事のプライドは、ないですが、それでも私が働いていくのは、難しいと思いました。

もちろん、地元に帰り、いろいろな状況を把握して、地域のために頑張っていきたいと感じるています。

地元で働く上で、自分が大切にしたいこと。

私が大切にしたいことは、今ある従業員との連携や、話し合いの場を持ち、薬剤師として必要なことや、共有が必要な場合には、それを、相手にしっかり伝えていく。それを、自分に課して頑張りたいと考えています。大切なのは、自分の考えを持ち、批判的な立場も持ちつつ、相手に対する理解をしていける事だと思います。

とにかく、経営者との心の距離感が出てくると、それだけで、職場としては、かなり危険だと思いますし、従業員に対して、寄り添うことができる事も必要だと思います。

これが私の思いであり、今の職場最後に思うことであります。