ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

親に挑むというもの

こんにちわ。

びっくりしました。神田沙也加さんのご冥福をお祈りします。

そして、思いました。

親に挑むことの厳しさと、親と同じ道を進むしんどさを感じました。

これから書いて行くことは、ある意味叩かれてしまうことだと思います。しかし、私なりに、思うことを書いていきたいと思います。

私が医療の道に進んだ理由

私は、父が医師で、母が薬剤師という家庭であり、祖母が看護師、そして父の亡き姉も薬剤師というある種の医療家系に生まれました。

私の両親は、本当にもともとは、医療関係者とは、関係のない道に進もうとしていたそうです。しかし、理由があり、医療関係者になりました。

私の父は、私と似ているため、マイペースで、かなりの亀🐢であったそうです。私と同じぐらいしんどい思いをして、卒業延期をへて医師になりました。

私の母は、私とは違い、頭脳明晰の人でした。しかし、自分の力を過信しすぎて、努力をあまりせずに、高校受験をしました。大学受験も、二浪して、薬剤師になりました。

両親を見てきたからこそ、私は、医療の道に進むことに、怖さはなく、単純に、親が行く道に、ついてきたという事が本音でした。

医療関係者になる、親を超えるために、今できる事。

私は、今薬局で、薬剤師で働いています。薬局では、いろんな業務があって、大変です。しかし、薬剤師だけの業務だけでは、成り立たないわけですから、それは当たり前であります。

親がしていないことを、自分がしている事もあります。患者さんの、アンケート記入も、そうです。事務作業をしているわけですが、普通なら、事務員がしていることを、薬剤師がしていないといけないわけです。でも、やっているから、すぐに対応できるわけです。

親がしてないこと、薬局の業務で、自分が任されている事など、親がしていない事を、している事が、ある意味親を超えた事になると思います。

医療の道に進んだ事で感じた苦しみ

私は、薬剤師国家試験に合格しました。

その後、保険薬剤師になりました。

ただ、それだけでした。医療の道に進んだ事は、ある意味プロフェッショナルになるための道で、誰にも助けてもらえない。自分で、自分を鼓舞していかないといけない、そういう道であると、感じました。ただ、薬剤師、医師、歯科医師などと言われる師業は、自分で生きる在り方を考え、自分ができるためにどうあるべきかを考えていく事が求められる。そういう、道なき道を歩いて行く必要があるんです。親に挑むことは、普通ではない。大変なことなんだと思っていました。

大変な事に挑むことによる。その認識をもち、日々頑張って行く必要があります。