ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

時間をお金で買う意味

おはようございます。

私が思う「時間をお金で買う意味」についてですが、これは、一個人の意見ですので、よろしくお願いします。

自分がしたら時間がかかる。

私がいろんなところで、時間をお金で買う意味を考えるんですが、それは、大体自分でやると時間がかかることです。時間がかかるという事は、今それをして生産性が上がっているか?とふと疑問が湧くんですよね。

もちろん、お金で買うと料金が発生し、支払わないといけなくなりますが、依頼して出来上がりを待つ間にできる隙間時間が生まれるため、そこでできることが有れば、有意義に時間を使えます。その方が、よっぽど生産性が上がると思います。

自分でできるか否かで、考える。

私がいつも思うのは、外商という存在意義です。幼い頃から、その存在を間近で、見てきた私は、ある意味驚きました。

電話して頼めば、弁当などの食料を持ってきてくれる。買った品物で、支払い済みなものを、持って来てくれる。

本当に、こちらにわざわざ出向き、持って来てくれる外商の方に、私は、驚きました。

ただ、自分が出れる時は、こちらから出向いて買い物をしたりしていたので、本当にたまに使うぐらいでしたが、自分たちが動けない時に、最後の手段として使うという意味では、時間をお金で買う意味としては、間違いではないかと感じます。

勘違いしてはいけないこと

私がいつも思うのは、時間をお金で買う意味を、少し誤って認識されているのではないか?と感じることがあるということです。

例えば、お金を払っているんだから、早く対応してくれ!と言われる方がいる事です。

クリーニング屋さんの場合だと、急ぎのものなら、次の日、最悪その次の日には、出来上がりますと、書いてあります。

しかし、それ以上に最速でやれ、ということには、対応は難しいと思います。

料金が発生しているんだから、やってくれるだろ?という考え方は、大変危険ですし、すべきではありません。

順番は待つべきですからね。

時間をお金で買う意味を、良く考えてください。

私は、自分ですると時間がかかる事や、自分ではできない事は、時間をお金で買うようにしています。ただ、それ以外は、自分ができることは、自分ですることにしています。

お金がかかるなら、自分でやる。そういうスタンスを確立して頑張るのも、もちろん大事です。しかし、それに時間がかかり、思うようなものが、出来なかったり、自分で対応することが多くなり、生産性が下がることもないとは言えません。

自分で、冷静に俯瞰し、できることと、できない事を、しっかり判別していきましょう。

以上です。