ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

薬薬連携〜私の病院実習の思い出〜

びるこさん、ありがとうございました。

こんばんは。今日は、むちゃくちゃ処方箋と向き合っていました。

今回書いていくのは、薬薬連携の実際です。

私が病院実習で、お世話になった倉敷スイートホスピタルと、そうごう薬局中庄店の薬薬連携の実態を、書いていきたいと思います。

病院副院長の一言

そうごう薬局の薬剤師のある先生のことを、こう言い表してました。

「私の右腕のような、そんな存在の先生だ」

私の病院実習でお世話になった倉敷スイートホスピタルは、在宅支援医療機関として、倉敷市中庄にある病院です。

病院の医師と他のスタッフのやりとりが、綿密で、かなり連携が取れている、薬剤師も、医師と協働で、対応していると感じる、そんな現場でした。

しかし、門前薬局とも、かなりいい関係を継続していることが、私には、気になりました。

病院と薬局って、なんか仲が悪そうなイメージがあったからです。

しかし、そんなことは全くなく、薬局薬剤師と病院薬剤師が、常に連絡し合い、連携していることを見て、この病院は、いい関係を築いていく上で、ポイントを持っているなと感じました。

病院の医薬品の使用在庫の情報の共有。

これが、結構大事だなと感じました。もし、病院の医薬品に在庫が無い場合、門前薬局にもしかしたらあるかもしれない。病院とはいえ、患者さんが、たて込めば無くなる薬が出てくるのは、当たり前です。そうならないように、日頃から、病院の医薬品の使用在庫の共有が、できれば、万が一の場合、薬局から薬を分譲してもらえることができます。

薬局との合同勉強会の実施

これは、実習期間中に参加させて頂きました。この勉強会参加がきっかけで、当時岡山大薬学部の学生と知り合うことになり、一緒に、病院見学にいく仲になりました。

この薬局との合同勉強は、私が思う薬薬連携の集大成だと感じています。

病院と薬局は、相互で成り立っています。病院だから偉いとかは、ありえません。

倉敷スイートホスピタルの医師の方々は、本当に優しかった。

涙が出たぐらい、優しさの塊ではないかと感じてしまうほど、薬剤師に対する紳士的な対応や、私たち実習生に対する対応には、目を見張るものがありました。

特に、おばあちゃん先生は、私たちに対しても、患者さんに対しても、暖かい笑みを向けてくれ、本当に、ありがとうとかんじました。

内科の先生や、リウマチ科の先生。私たちに診察現場を見せてくれ、尋常性乾癬や、リウマチをどう判断し、診断していくのかを、教えて頂きました。見るべきポイントを、きちんと意識して頑張りたいです。

これぐらいにしときます。では。