ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

自分が今できる事。

こんにちわ。

私は、今回あるミスがきっかけになり、薬剤師でありながら、調剤業務から外されてしまいました。

たしかに、調剤業務が未熟であるのは、自覚していましたが、自分のミスがきっかけで、調剤業務を外されてしまい、大変ショックでした。

しかし、業務をしてみて思うのは、ミスをフォローしてもらい過ぎてしまった自分に原因があるように感じました。

自分が力不足であるとの指摘は、社長から厳しく指摘を受けました。

同じく管理薬剤師の先生にも、言われました。

私が、周りにきちんと言わなかった事。報告があれば、みんながフォローしてくれたかもしれない。もう少し、お互いに、いい関係を築いていく事を考えたほうがいい。とも、言われました。

ラポールができていなかったという事に、自分に責任があるように感じました。

もちろん、そんな自分に対してむちゃくちゃ対応して、頑張ってくれた薬剤師の先生に対しても、感謝しています。

これからの自分なりの頑張りを見せていきたいと思います。