ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

私が、薬局薬剤師になった理由

こんばんは。

自己紹介を再度したいと思います。私の記事を読んできた方なら、お分かりだと思いますが、私は、病院又はメーカーにも、興味がありました。ならなぜ、こうやって、薬局薬剤師で働いているのか?それについて、知って欲しいなと思います。

病院や、企業で働く薬剤師になることへの疑問

私は、大学現役時代、大学病院や他の病院にしか就職活動をしていませんでした。実際、薬局は、受けていません。では、なぜ、病院や企業で働きたいと考えていたか。それは、自分の憧れや、思いがあったからでした。

しかし、国家試験受かったのち、就職活動をしてみて感じたのは、病院や企業で働く薬剤師になることへの疑問でした。

特に病院では、入院した後から退院するまでの患者さんとしか話をする機会はありません。退院カンファレンスもありますが、病院薬剤師ができることは、正直言ってしれているかも…

(びるこさん、ごめんなさい…)、と思いました。

もちろん、企業でも働きたい、働いてみたいと感じた事もあります。製薬企業で、薬の開発に携わってみたい。大学時代に他大学の大学院博士課程の発表を聞いて、強く感じたことはあります。しかし、開発に携わっていけたとして、対峙するのは、医薬品という物。その向こうにある患者さんまでは、見えない事が、私の心に引っかかっていました。これではダメではないか?やっぱり、患者さんと同じ目線で話せるようにしたい、そういう薬剤師になりたい。そう感じるようになりました。

病院、企業に興味がありながら、なぜ、薬局を選んだか?

それは、薬剤師として、医師と近い距離感で、話ができるそう言う状況が大事だと思ったからです。私が、実習先の病院では、医師と薬剤師の距離が大変短かったです。お互いが、尊敬し合える関係性を築いていけるのが、重要だと思いました。しかし、そういう病院は、すくないのが、現状だと思います。

ではなぜ、薬局を選んだのか?それは、患者さんと近くで話ができる関係性を保てると感じたからです。

特に私の今いる薬局は、隣の耳鼻科、整形外科で、検査があれば、患者さんから、検査結果を見せてもらえます。とはいえ、薬局で働くのは、かなり大変です。

病院以上に、薬剤師同士のやりとりが密になりますし、周りに医療スタッフがいないため、人間関係が、潰れやすくなります。幸い、私の職場は、ありがたいことに、人間関係が良好ですから、良かったですが…。

まとめ:薬局薬剤師になった理由

私が、薬局薬剤師になりたいと思った理由。それは、地域住民との交流を深めた上で、医療関係者としての知識を、社会に還元する事が、薬剤師としてできると感じたからです。

終わらない戦いがあるのも、わかります。しかし、今だからこそ、頑張らないとだめなこともあります。常に前向きに頑張っていく事ができるそんな気持ちで、頑張りたいと思います。