ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

私が思う事

こんにちわ。

今日は、本当に元気がないため、記事を書いていくのは、どうだろうと思ったのですが、今思うことを書いていきたいと思います。

これから書いていく事は、私の見解ですし、それが正しいとは思いません。ただ、私なりの考えですから、こういう考えの人もいるんだと、思ってもらえればいいなと思います。

薬剤師に、正社員もパートもない

管理薬剤師の先生も、その先生と仲の良い薬剤師の先生、ヘルプできてくれる先生。この先生方全員、パートの勤務しています。

薬剤師の中で、新入社員で、正社員で入ったのは、私だけです。もちろん、社長や、社長の奥さんは、正社員でありますが、経営者側であるので、立場は、異なります。

ただ、パートだからどうとか、正社員だからどうか…とかは、考える必要はないのではないかと思います。もちろん、立場上、守られているのが、社員かもしれませんが、それは、ある意味、いつリストラを受けるかとか、クビと言われるんじゃないかという怖さも、あると思います。それは、社員もパートも同じぐらい感じているはずです。

経営者側とのコミュニケーションがうまくいかない。

今のコロナ禍、懇親会や忘年会と言った催しが全くない状況ですから、経営者と従業員のコミュニケーションがあまりうまくいっていないように感じます。薬剤師と薬剤師が、頭を突き合わせて話をすることが、今はかなり、減りました。管理薬剤師の先生方も、自分たちだけで、やらないか?という話をしています。それだけ、関わりが希薄になっているという事になります。ただ、薬剤師として、働く意味では、経営者と従業員というドライな関わりが必要になると感じています。ただ、経営者としての、考えと、従業員としての視点の両方の考えを理解してやっていくのが、必要であると感じました。

 

薬剤師になって感じる寂しさや虚しさ。

薬剤師になり、それこそガチガチの仕事人間になり、働いている人がいたら、ごめんなさいだが、今の私や、他の同期の人にもいえるが、寂しさや、虚しさを感じることがあるはずです。国家試験に合格するまで、疲弊するぐらい勉強して、周りからの騒音と戦いながら、日々を過ごしていれば、なおのこと、しんどくなるし、こんなことになるぐらいなら、薬剤師になんのためになったのか?これ、薬剤師がすることなんかな?とふと、感じる虚無感は皆さんにあると思います。私は、昨日給与頂きましたが、賞与はありませんでした。正直、仕方ないけど、こんなものだよ。と言われるのは、なんか違うのでは?と疑問に感じます。だけど、自分なりに覚悟を持ち働くことを徹底するしかないと、感じています。

まとめ

昨日も今日も、ずっと頭が重くなっていました。別に仕事が嫌とかそういう事はありません。しかし、働いていながら、明るい話題ばかりではないかな?と思うようになりました。

そう思っていた時に、自分の気持ちを全て吐き出す必要があるんじゃないかな?と思うようになったので、今回の記事を書いてみました。どのような感想を持たれても、構いません。これが今の私の思考回路です。この考えが全てではないため、また違った考え方があれば、教えててください。よろしくお願いします。

という事で、では。