ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

二軍と一軍

こんばんは。

野球などのスポーツでは、この呼び方が定着し、かなりの年月が過ぎたと思います。

一方、薬剤師にも、この考え方は、当てはまると社長の話を聞いて感じました。

薬剤師にも区分付の危機がある。

昔ある書籍に、A級薬剤師とB級薬剤師が今後増えていくと言われたことがありました。単なる調剤しかしない薬剤師と、投薬やDIがこなせる薬剤師と段々二極化し始めている機会の時期に入っていたから余計特集で組まれていたようです。仕方ないと感じました。

薬剤師だからこその業務が求められていくにあたり、考え方を変えないと薬剤師としての将来はないと思いました。

そういう区分付は、はっきり言って、薬剤師の向上心を育てるきっかけになると感じています。

一軍と二軍の違い

私の薬局では、薬剤師と医療事務の中がとても良好です。良く笑い声が絶えない環境であると思います。しかし、薬剤師として区分付をするとなった場合、私は試用期間中であっても、薬剤師として一軍と呼ばれるようにならないといけないと焦りを感じています。

社長が言われたのは、自分は二軍薬剤師だと言われていました。薬局で働き、頑張ってやって社長にまで上り詰めるのは、すごいです。

私の中で、イメージとしての違いはこの通りです。

薬剤師として、全てに置いてオールマイティにできる事。

薬剤師だからこそ、患者さんに対する誠実さができる事。

薬剤師というあぐらを組むことなく、新たな視点で、日々頑張っていける事。

これらが、求められているんだと思います。しかし、それができない方も、おられるのが、現状だと思います。

一軍になるために、私ができる事

それは、素直さだと思います。私は、今日、社長に、受け入れる体制ができている。だからこそ、それが、チャンスなんだと言われました。我が強い人は、素直さにかけるのは本当にその通りです。薬剤師になるなら、そこの部分を、しっかり持てる事が求められていると思います。薬剤師国家試験に受かるための浪人や、大学受験の浪人などにも通じる話です。結果を残せていない人がいくら大口を叩いたところで、誰も聞かないです。ブログを読んで、そこの部分に疑問が残る方もいるという事が、現実だと思います。それではだめだよ。と私は言いたいと思います。

人間としての一軍になりたいなら、まずは、そこから変えていく必要があると思います。

では。