ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

薬剤師として生きる意味

こんばんは。

皆さんは、薬剤師の仕事を理解していますか?たぶん、即答は、難しいと思います。

では薬剤師の皆さんに伺いたいです。今、皆さんは、薬剤師として生きる意味を見出せてますか?

たぶんですが、私が思うに見出せている方、そうでない方の両方があると思います。

では、なぜ、見出せる人とそうでない方がいる差があるのでしょうか?

それは、目的意識を持った大学生活、社会人経験をしてきたかという、軽く見られがちなところが、しっかりしているかどうかです。

大学生活で、どういう薬剤師になるかを、決めていける人は、ある意味少数派です。しかし、将来設計が、見えてこないと、薬剤師になるまでのモチベーションは低下してしまいます。

国家試験の前に卒業試験がある大学だと、その試験にきちんと合格しないと、卒業できません。仮に、卒業延期をしてしまうと、半年、最悪一年を大学で、過ごさないといけなくなります。はっきり言って、死にます、精神的に。

私みたいに、卒業延期しても、周りに助けてもらいながら卒業、国家試験を合格するまで、努力なり頑張っていける真面目が取り柄の子ぐらいでないと、まず難しいです。

それだけ、モチベーションを下げる可能性が、大きいんです。

だからこそ、大学生活に置いて、自分の将来設計はしっかりする必要があります。

後は、社会人経験。どこで就職して、頑張ってきたかが問題になります。人間関係に悩んで、感情が不安定になったりする人もいます。ただ、それは職場環境の悪さに問題があることを忘れてはいけません。人を育てることを厭わない会社かどうか?就職活動をしている方に知っていて欲しいです。

今の職場に就職して、私は、本当に良かったと思っています。それだけではなく、どこまで、薬剤師として、人として成長できるか?と言った一言の重みを、理解していくことができるように、いろんな機会に触れさせてくれるので、より良く理解が進みます。

そういう、自己の成長だけではなく、周りも成長できることも必要だと思います。

薬剤師として、自分がどこまで成長できるのか?はたまた、患者の成長も併せて行うことができるか?そこの意識も、理解が必要だと思います。

こういう考え方をどれだけの人がしているのでしょうか?私は、していないと思います。

モチベーションが低い方の中に、本当にやる気がない、努力しない、環境を悪化させる人が、います。

そういう事が、きちんと守れるかどうか?周りを見れているかどうか?こういう事が大事になりますよ。

今就職活動している方は、自分の成長と組織の成長の拍車を展開することもできる事がわかることが、求められます。

これら書かせていただきました。違うという事もあると思います。そういう点があれば、コメントください。生きる意味を見出せるようになるために、モチベーションを維持するためにどうかを他に聞いてみると変わりますね。

なるほどです。