ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

コロナウイルスと自然免疫と獲得免疫

こんばんは。

新型コロナウイルス感染者が鰻登りの増加を見せていますが、内訳を見ると若い人における感染がかなりの確率で多い気がします。

ある意味、高齢者のワクチン接種による抗体がかなりの割合で出来上がってきているからこそ、高齢者での感染率が低下していると言えますね。

今回の題で書いている獲得免疫と自然免疫が、今回の新型コロナウイルスではどの程度定着しているのか?そして、今後ワクチン接種が、進む事で、どれだけの免疫が、日本で定着が望めるのかを、考えてみたいです。

新型コロナワクチンで、獲得免疫ができた事で、歓喜

そもそも、新型コロナワクチンは、免疫の中で獲得免疫を作り出すためのものです。よく言われる集団免疫を作り出すために、必要ですが、このワクチンで、亡くなるリスクが、少なくなってきている事がわかります。これは、高齢者の感染率低下で、明らかになっています。擬似感染により、抗体を獲得するには、1番手っ取り早い方法ですね。ワクチンの効果を正当に評価していない免疫学者の方もいますが、抗体が、人を救う事になるのが当たり前になるまで、よりしっかりと定着することを祈っています。

新型コロナウイルスに対して免疫を鍛えるために?

皆さんは、自分の体作りをしていますか?オリンピックで日本のメダルラッシュが気になり、遅くまでテレビに釘付けになっていませんか?その行為が、自分たちの免疫を弱めています。早く気づいて下さい。

そもそも、運動をしている人も、行き過ぎた仕方をして、そのままになり、逆に免疫を弱めていることに気がつくことが、大事ですよ。適度な運動をしていかないといけないという事です。

特に自然免疫は、ストレスや過度な運動により、バリア機能が低下してしまうため、上手く動かないという事を、早くわかる事が求められるという事です。

コロナウイルス感染だからという事より、自然免疫と獲得免疫の二段構えで、排除ができることがまず、必要であるということになります。必要な免疫をきちんと鍛える意味でも、適度な運動はもちろん、免疫のためになる方法を考えていく事が今大事に求められています。