ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

資格の怖さ、偉大さについて。

こんばんは。

薬局に勤務してみて、ふと思うことがあり、記事に書いています。これは、たぶん実際に薬局に勤務している薬剤師さんや、病院に勤務しているびるこさんのような薬剤師さんなら同意頂けると思います。

私は、処方箋受け付けとレジにおいて、処方箋を捌く役割でいるんですが、先輩の薬剤師の先生や、社長などが、投薬されたあとに、会計をみるんですが、その時に、お釣りをお返しします。その時に、患者さんから、「ありがとうございます」という一言を、受けることが何回もありました。

確かに、自分が薬局に行って、薬剤師さんに対して「ありがとうございました」は確かに何回も言ってきました。しかし、まさか自分が呼ばれる立場になっているとは思っていませんでした。

薬剤師や医師といった医療関係者は、患者さんの気持ちに寄り添って話しを聞いていく事が、求められます。だからこそわかるのですが、資格が前面に出てくるのが当たり前なんです。

資格を取得していく上で、たくさんの犠牲を払うことになったと思います。そういう事なく、大学生活を謳歌してる人は、居ましたが、私は、一切無視していました。

資格取得が大変なのは、当たり前ですが、人がしないことをするには、それだけの覚悟と、気概がいると思います。それを、持てうる力がある方が、医療関係者になっていると思います。

人から感謝される立場になる。それの意味を、どれだけの医療関係者が認識しているでしょうか?

私には、まだまだ少ないと思います。私が勤務している薬局の薬剤師さんは、本当に、丁寧な対応をしてくださりますし、患者さんとの話し合いも、納得がいくまで対応する方だと思います。そういう方に私は、なりたいです。

そして、資格の怖さ。

これは、自分が専門家であるからこそ、周りの意見を聞きにくい、聞こうとしない方が実際にいます。資格取得している事で、舐めてしまうことが私にもあると思い、気をつけていきたいと思います。

資格を取得することの偉大さは、皆さんがあまり考えていないと思います。これは、資格を取得するという、努力をすることは、なかなか難しい事であり、コントロールができる力があるから、資格取得しているということにも、つながると思うんです。そういう意味で、薬剤師や他の国家資格取得をするのは、かなり偉大な事だと思います。

たった、患者さんからの「ありがとう」から、かなり深い話になりましたが、こういう意味から、資格取得の意味があるんだと思います。

わかりやすいですね。これからも、毎日忙しいですが、頑張りたいと思います。