ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

会長からと社長からの指導を受けての所感

こんばんは。

薬局に勤めて、四回目の勤務でした。店舗自体が忙しいので仕方ないですが、ほぼノンストップに処方箋が来ます。なかなか大変な店舗さんに配属されたという事ですね。

今日は、会長と社長からの指導を受けて、自分なりの改善点を書いていきたいと思います。

会長からの指導を受けて。

オリエンテーションの後、報告書の記載を求められました。その後、自分なりに書いたものを、昨日提出したのが、今日FAXで返却されました。いろんな記載がありましたが、会長への連絡を求められてそこに電話しました。なかなか慣れない中で、書いたのですが、かなり上出来だと言われました。本当に良かったです。

しかし、書くことがきちんと書いてないことへのダメ出しは確かになと思いましたが、本当になるほどなと思えました。

社長からの指導を受けて。

薬剤師として経営者として、かなり厳しく言われました。今の状況では、投薬まで行かないかもしれないぞと言われました。

伝え方をより考えていく事を厳しく言われてしまいました。その上で、自分が悩んでいることを出して、周りに頼れることができれば、楽になると言われました。

声の大きさもなかなか難しいですが、私のように地声が低い場合、どうしたらいいのかな?と今も悩んでいます。なんとかしたいけど、環境は、難しいです。自分の努力をより、上に上がりたいです。

という感じです。なんか、驚きですね。