ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

薬剤師は医師の奴隷か?

おはようございます。アンサングシンデレラの動画を見て、何を言ってるんだ?と思った言葉に、薬剤師は医師の奴隷だという発言。

この発言を聞いた病院薬剤師の方はどう思ったんでしょうか?

はっきり言って、医師だからなんでもできるとは思うべきではないと感じました。

そもそも薬の事を本当にわかっていたら、薬を飲み過ぎる事がわかるはずです。

薬剤師がなぜ、病院にいるのか?この医師は理解すらしていない。自分は、沢山の薬を併用している事にすら気づいていないのか?と唖然としました。

今回でてくる子ハクは、この医師の子であり、二浪して医学部に行けず、薬剤師になる事を選んでるんですが、自分の子に対して、この医師は、一家の恥と冷たく罵る場面があります。

このシーンを見て、子供が薬剤師になる事がそんなにだめな事なのか?そして、どこを見て一家の恥とするなか?と感じると、こういう古典的な医師がいるから、本当の意味で、薬剤師がなかなか日の目を見ないんだろうなと感じました。

薬剤師は、医師の奴隷ではなく、医師に対して薬に対しての提案だけではなく、時には、忠告します。薬の危険性を誰よりもわかっているからこそ、医師の無神経な発言や行動に、違和感を感じているんです。

それに、薬剤師がいなければ、病院としての機能が動きません。法律も知らないのかな?と感じましたし、子に向かって、一家の恥と罵ってしまうのは、親として、馬鹿だと思います。

実際に、私も同じような境遇で、薬剤師になったのですが、親に馬鹿にされるのが、一番つらいと感じます。私は、こういう暴言は言われなかったものの、医師になるのが当たり前だとされている家庭の子たちは、もし、自分が薬剤師とかになれば、親にこの医師と同様に、言われる危険性があるという事なんだなと感じました。

医師より薬剤師の方が、医師以上に薬を知り尽くしています。医師は専門科以外の薬は、きちんと理解してない方が多いです。実習の時感じましたので、これは事実です。

こういう事から、薬剤師は医師の奴隷ではなく、逆に医師に対して薬に対する指導をする立場なのかなと感じます。

適切な治療をしていくなら、医師は、適切な薬物治療をすべきであり、それを、理解して使えるように薬剤師が指導する。奴隷ではない事ぐらいわかると思います。

こういう発言をする医師は、今の世の中には、それなりにいると思います。その考えが、だめなんだよとはっきり思います。