ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

コロナワクチンの副反応って?

こんばんは。

前の記事に引き続き、コロナワクチンの副反応について考えてみたいと思います。

そもそも、このワクチンに限らず、他のいろんなワクチンにも言えますが、頻度が稀であるとはいえ、副反応はあります。

まず、この認識が不足している事に国民の皆さんは気がついてください。

では、なぜこれほどまで、新型コロナワクチンに対する風当たりがきついのか?その原因がどこにあるのか、考えていきたいです。

新型コロナワクチンによる死亡例の存在。

報道でよく取り沙汰される新型コロナワクチンによる死亡例。これについては、血栓塞栓症が要因みたいですが、どの程度の頻度でおこるでしょうか?

f:id:yakuzaishis:20210718111315p:image

こちらにかかれていますが、実は塞栓症の記載は添付文書にはありません。実は、これは、治験では、人を制限しているため、リスクのある方は、いないので、塞栓症が出なかったからなんですね。ただ、このワクチンに限らず、他のワクチンでも、市販されてすぐに、普通に今までなかった副反応がでるのも当たり前です。

この死亡例を大きく報道し過ぎているなと思わざるを得ません。この部分を強く意識して、外国製のワクチンだから打たないでとか、若い方のワクチン接種を阻むような言いがかりをつける医療職の方がいるのも、実情であるのも、理解すべき点です。

副反応をおこす外国製ワクチンは、危ないのか?

はっきり言って、短期間での製作でありながら、これだけのデータを治験で収集している事実をまず知ってください。

f:id:yakuzaishis:20210717182847p:image
f:id:yakuzaishis:20210717182842p:image
f:id:yakuzaishis:20210717182837p:image

こちらのように、しっかりと国内外での治験をされているんですよね。外国製ワクチンだから危ないという先入観だけが先行しているとしかいいようがないです。国民を守る立場の医療関係者が、正確な理解をせずに、ワクチンを悪だと思うのは、私はおかしいとと思いますし、ワクチンを打つことで、高齢者の感染が低下している事からも見えるように、適切な知識を広く正確に伝える必要があると感じます。

このように、コロナワクチンに伴うアンチへの対応も含めてしっかり考える必要があると感じました。