ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

医療職を甘く見ないで欲しいです。

こんにちわ。

私が一番言いたいことをあえて書いていきたいと思います。これは、価値観の違いが露呈しますので、書くのが、少し戸惑いがありますが、書いていくことにします。

大学時代に感じた違和感

これは、就職活動中の時でした。この時、給与を見て病院が低いとか薬局が高いとかを言われている方がいて、非常に腹立ちました。

当時私は、その方たちに対して何かを言ったことはないです。ただ、凄い気持ちが落ちることでした。

薬剤師になる事は、医療現場で働く事であり、給与だけで働くところを決めようとしている時点で、資格も金になるかならないかで決めていたの?と思ってしまい大変残念に感じました。

資格を取る≠金になるという現状になりつつある。

国家資格を取得して、1000万円を超える収入を稼ぎ出している方もいますが、実際には、そういう簡単な世界ではないです。薬剤師でも、投資に関心や興味を持っている時点で、そういう事であると言わざるを得ないです。

国家資格は、自分のセーフティネットであり、安心材料でしかないんです。

医療現場でも、同じことが言えます。医師や歯科医師であれば、1000万円を稼ぐことになります。しかし、薬剤師であれば、500〜600万円です。こういう差があることを踏まえてみると、お金云々よりも、薬剤師としてのやりがいを認識した方にこそ、なってほしいなと思いました。

病院がいいとか薬局がいいではなく、医療者としての覚悟を持って欲しい。

本当に私が常に思うのは、給与面だけで、就職活動をする人たちに対する苛立ちでした。勉強をして、国家試験合格しないと働けないのに、今からそんなことを言ってなんなの?という気持ちはずーっとありました。ただ、結局、彼らは、病院勤務に落ち着きましたから、なんだ、彼らも私と同じ考えで、入ったんだと思って、最終的には、落ち着きましたから、良かったです。が、本当に病院に行きたいとか、薬局に行きたいと言う事を思って就職活動をしている方にしてみれば、聞いていて、気持ちの良いものではない事ぐらいわかります。そういう熱い気持ちを持たずに働く事は、目標を持って働いている方と比較して、覚悟がないという事になります。だからこそ、資格を取る以上は、自分なりの覚悟を決めて欲しいです。その上で、大学に入学して欲しいです。

以上で終わります。