ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

学歴だけが良くても、人間味がないのはだめやな。

おはようございます。

もう卒業して、四年になるんでもう大学名出してもいいかなって気持ちになりました。

私は、岡山県内の就実大学卒業しました。本当にいろいろありました。しかし、周りの方に、恵まれたのは本当に大きいと思います。

薬剤師になれたのは、親のおかげですが、それ以上に自分の努力がものをいう世界だなと感じます。国家試験を受けて、合格するのは、あくまで自分ですからね。

私は、学歴が高いから、その人が人間的にいい人だとは思っていません。実際に、学歴の良さをいい事に、どうなんだろうと感じる方もいます。

もちろん、学歴が高くても、人あたりや、人間味溢れている方もおられます。なぜ、この差が、生まれてくるか?皆さんは、考えられた事ありますか?

どうでしょうか?

私は、大学卒業があくまで通過点という意識を持っているか否かの差だと思っています。

大学を卒業して、社会人になり、その後にどういう生き方をしていきたいのか、そこに目を向けているからこそ、大学在学中にボランティアをしたり、人によっては企業したりするんだと思います。

良く、東大以外は大学ではないと言う考えを受験生や予備校の講師がされているのを聞いたことがありますが、それが、正しいことでしょうか?

偏差値だけで医学部を狙っている方としている事は変わらないと思います。

なぜ、私が自身の出身大学を明らかにしたかですが、私は、この大学にかなりの恩を感じているからです。

卒業後も、気にかけてくださるのは、もちろんですが、それだけではなく、人を見る目を養う機会に恵まれたと思います。

私の周りには、いろんな人がいましたが、その中で今も連絡している方は、数名です。

この意味を皆さんわかりますか?

察しのいい方なら分かると思いますが、やはり中身のない方とは一緒にいなかったからなんですね。薬剤師国家試験を受けるので、みんなで一致団結だ!ってなると思います。しかし、やはり、成績がいいだけの人はいます。

私は、そういう方から、あまり良くない言われかたをされていました。だから嫌だったし、そういう方とは、距離を置いていました。

自身の努力に、目を向けて一緒に頑張ろと手を出してくれた方もいます。本当に、そういう方がいる事に感動しましたし、そのかたたちとの出会いがあったから今があると考えています。

大学により、就職できるレベルが変わるのは、実情かもしれません。しかし、だからといって国家資格を取る事を目標にしている大学まで、貶めるような言い方はすべきではないと思います。大学入学から卒業は、あくまで通過点でしかないという事実を、予備校の講師や、大学受験生の方は、きちんと認識するべきであると思います。

人間味ある人になるか、そうでないかも、きちんと認識することも、必要だと思っています。

人間性の醸成を、目的にして校訓にしている大学があります。附属校にも、石碑があります。

f:id:yakuzaishis:20210713111638j:image
こちらは、近畿大学の建学理念です。附属校は、「人格の陶治」を強く押し出しています。

f:id:yakuzaishis:20210713111635j:image

近畿大学の教育目標、こちらが、良く附属校の登校する坂の麓にある石碑にあります。人間としていきる意味、人間性の醸成なしに、成長はないという事をはっきり書いているようにも、捉えられます。

大学入学や、どこの大学に卒業したとかではない本当の意味で、人間味がないと、学歴だけが良くてもダメだという事を本当の意味で、皆さんに理解していただきたいです。

これで以上です。