ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

ポリファーマシーって知っていますか?

こんにちわ。

皆さんは、残薬って知っていますか?この薬がいまどれだけ日本で問題になっているか、知っていますか?

高齢者だけで、475億円分です。日本全体で、1000億円以上です。

これは、処方薬が飲まれず、ほたらかしになった状態であります。高齢者であれば、アルツハイマー認知症や高齢による管理能力の低下により、残薬がおこるのは、理解できます。

しかし、日本全体で、1000億円ということは、高齢者の残薬を差し引いた525億円は、若い方に置いて残薬があると言う事です。

時に医療関係者の方には考えて欲しいです。若い方がなぜ、残薬を作り出しているのか?

どうでしょうか?

実際に、アンサングシンデレラで、薬剤部の葵みどりが、口腔外科の先生に、疑義照会をして、なかなか思うように話ができないシーンがあります。あのシーンでは、抗生剤の話しが出ていましたが、一つ一つは、わずかな薬価です。それを、何年も前から使っているとなると、額としては、高くなります。それが、もし、残薬になれば、より一層に、医療保険の財源に負担がかかるだけではなく、使われない医薬品は、破棄されています。

ではどうしたら、破棄される医薬品をなくせるのか?

それは、症状が治っても最後まで飲む事。

できるだけ、抗菌剤の処方をしない、するときは、きちんとした検査や、症状の確認をするという考えかたを、医師や歯科医師など医療関係者に広く知ってほしいです。

大切なのは人を動かすために、どういうことを話すのかです。