ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

人柄が出る話し方について

おはようございます。

皆さんは、ジョブチューンを見たことがありますか?私は、その中で、印象が残る話し方をされている方がいるなと感じています。

菰田さん、鎧塚さんです。この2人の話し方が、私には心に残っています。

自身の実力だけではないという事を理解している点。

特に鎧塚さんの発言で、勉強し続けているのだなと感じるものがありました。実力があるからこのままで良いと考えるのは、誰にでもあると思います。しかし、それだけではないという事を理解し、努力を続けるのは、誰にでもできる事ではないと思います。

中華料理の中で、四川料理の重鎮とは見えない笑顔を見せる事。

特に菰田さんの発言は、本当にいつ聞いても、本当に人となりを表しているなと感じます。世界大会で、日本人初で優勝するだけの実力があるなら、その実力に胡座を組む事も、できると思います。しかし、それをせずに、あくなき探究心を持ち努力をされているんだなと、発言を聞いて感じるとともに、笑顔も可愛い方ですね。

医療現場にも言えること。

医療現場で考えないといけないのは、同じ医療関係者同士に上下がないということをまず、理解していく事が、まず必要であると認識しないといけないということですね。チームで考えるなら、その人ととなりを感じる話し方は必要であります。私は、今回この2人の話し方から、皆さんも考えることが必要であると思います。