ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

夏だからこそ、辛いもの食べよう

こんにちわ。

夏が本格的になってきました。夏バテしてませんか?時期が時期だからこそ、食べるものに気をつけたいところだと思います。

私が、この時期に良く好んで食べるのは、パスタの中でも、唐辛子が入っているペペロンチーノです。

ペペロンチーノを食べた後、身体が涼しく感じるので。

これが、私のペペロンチーノを食べる理由です。唐辛子に含まれるカプサイシンが、体を温めてくれ、発汗するですよね。身体を冷やして体温を下げる意味でも結構大切ですね。

下がりすぎる可能性もあるので、注意は必要ですが、発汗作用があるので、暑い時こそ、食べるのがいいと思います。

辛いものを食べて元気になるために食べるべき料理と料理店。

麻婆豆腐や麻婆茄子などがありますね。特に中華料理の中でも四川料理は、辛い料理が多いですね。私が食べて美味しかった店がこちらです。

r.gnavi.co.jp

こちらは、なかなか美味しかったです。普通の中華料理にある定食もありますが、辛さがグンとくる料理もしっかり味わえるので、岡山市内に来られたら、一度いらしてみてはいかがでしょう?

あとは、ペペロンチーノを良く食べる店が、こちらです。

r.gnavi.co.jp

ここでは、今夏パスタフェアを開催中です。ペルコラの夏の風物詩である海鮮物が含まれた冷製パスタの他、冷製ペペロンチーノもあります。辛いからこそ、病みつきになります。

夏バテしないためにすること。

運動と食欲を下げないこと。これが、大事なんですよ。そもそも、夏バテする理由として、体温調節が上手くいかないからです。食欲が下がるのは、体温調節が上手く行かないことで併発しておこる胃腸の働きの低下によります。

これらを上手くなくすためには、どうするべきか?自律神経のバランスを整えてしまえばよいのです。まず、自分で、リラックスできる状態になるように仕向ける事が必要になります。

簡単な話ですが、詳細は、こちらから見てください。オムロンさすがです!

夏バテを防ぐにはどうすればいい? | オムロン ヘルスケア

まとめ

夏バテして食欲が低下した、しんどいとなっている方こそ、辛いものを食べて、スタミナをつけて欲しいです。本当に食欲がないなら、さっぱりしたものがいいですが、そういうものも、度を過ぎると良くないので、ほどほどに食べて欲しいですね。はい、以上です。