ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

岡山の晴れた空を見て感じたこと

f:id:yakuzaishis:20210621150821j:image

こんにちわ。かなり晴れていたので、ちょっと写真を撮りました。鳥の侵入を防ぐために、ネットが貼られています。

岡山県に住んで、かなり年数が経ちますが、高校から住んできた身としては、かなり思い入れがあります。

岡山市内には、大学時代からすみいろんな意味で、守られて過ごしてきました。

岡山で会った方の多くが、人の良い方たちでした。大学時代の思い出が今も懐かしいです。

そんなことを言いながらなんですが、薬剤師として岡山で頑張ろうとは、最初は思っていませんでした。

実家といいますか、地元に帰るんだという意志を強く持っていました。しかし、親のある言葉にはっとさせられました。

「すぐに地元に帰っても、貴方のためにならない」

「広い視野を持ちなさい、そして私に教えてなさい」

その一言で、私は地元に帰る事を諦め、岡山にて就職することを決めました。

人によっては、地元に帰る方もいます。しかし、それはある種の甘えもあるのではないか?と思います。

なんか、いろんな意味で、今の私は、自信がないのかもしれません。