ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

教育と世帯年収

おはようございます。

今日朝起きた時に新着ブログを読んでいたんですが、世帯年収が高水準にいる家庭がある一方で、未だに貧困で苦しんでいる方もいるなか、1200万以上の世帯年収を持っているということは、それだけ子供にお金をかけれているので、児童手当などは、貧困に喘ぐ子たちに、渡すほうが良いのではないか?と感じました。

年収と教育格差は、確実に相関する

私は、この意味を知るのに何年もかかりました。しかし、今薬剤師になってみて、そのものの意味にようやく気付きました。

f:id:yakuzaishis:20210620065257p:image

こちらを見てください。世帯年収について書いてあります。そもそもですが、よくマネープレッシャーがなくなると言われる額が1000万と言われています。この額を私は敢えて出します。このグラフでも明らかですが、大半が、1000万以下です。1000万以上を稼いでいる方は、ごく少数なんですよね。このグラフからわかるのは、年収格差が実際には起こっているという事なんです。

f:id:yakuzaishis:20210620065757p:image

こちらも見てください。こちらは、親の年収と子供の進路についてです。1000万以上の年収の場合、子供の大半は進学します。就職は、よほどの理由がないとしていないと思う計算です。しかし、1000万以下の場合は、進学と就職が入りまじっている状況です。400万以下となると、かなりの人が就職します。ここから見てわかるのは、年収格差が教育格差につながるリスクだと感じます。

貧困は、かなり深刻な状況です。

f:id:yakuzaishis:20210620070403p:image

こちらにあげたグラフを見てどうでしょうか?

貧困率をグラフに上げていますが、このグラフから何がわかりますか。大人の貧困が子供の貧困につながる可能性を示していると言えます。薬学部にも、奨学金で賄いながら、通っていた方いましたが、かなりの額を借りている事は明らかで、大丈夫なのかなと感じたことがありました。子供にお金をかけれている方からは、想像を絶する世界が、この日本でもあるんだという事を理解して欲しいです。

教育格差は、すでに公立小から始まっていた

こちらに、あるグラフを記載します。

f:id:yakuzaishis:20210620071631p:image
f:id:yakuzaishis:20210620071623p:image
f:id:yakuzaishis:20210620071627p:image

こちらを見てください。下に行くにつれて、年収が高いんですが、この成績の差は、どうみますか?実際に、これは私も感じました。テストで、満点とる人は総じて塾に行っていました。一部行っていなくても成績が良かった方もいましたが。この実情を早い段階から、経験している人が、ほとんどだと思います。

年収が高いという事は、学校の勉強だけではなく、塾に行くことが出来る点で、将来の進学をかなり当然とした気持ちで、見ているのは、否めません。

子供のために、教育体制の充実を!

薬剤師や医師など、医療者になるとわかりますが、学部での厳しい進級判定を経て、試験を受けて、資格を取ることの大変さは、身に染みて感じておりますが、それだけの教育を受けれる人はそうそういません。私の周りにいた方の多くが、医療関係者の親御さんを持つ方ばかりでした。そういう人たちの考えや、行動は、子供に影響する事があります。貧困だから、不幸せかといえば違うと思います。しかし、それは、進学を考える年になると考えは確実にかわります。子供の教育体制の充実を、求めたいです。

参考にした文献

https://hoken.niaeru.com/media/life-money/education-gap/

http://www.isfj.net/articles/2017/【教育①】【青山学院大学】【安井健悟研究会】【星野愛美莉】(親が子どもの将来の年収に与える影響⁻習慣や行動の観点から-).pdf