ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

就職活動中の方へ〜面接はすんごい大事〜

こんにちわ。

私が就職活動中に面接に行くときに、気をつけていることを書いていきます。

採用担当者の方にまず挨拶する。

採用担当者はだいたい人事の方がされている場合が多いですが、たまに代表取締役が出てくる事があります。エージェント利用であれば、必ず採用担当者の部署名を提示してくれますから、心配はないですが、自分で、問い合わせた時は、採用担当者と直接話をする事があります。面接官として入ってこられる事が、多いので、自分の名前を覚えてもらうために、挨拶をする事をお勧めします。

面接は本音をできるだけ出す

よく就職活動は騙し合いの場だと言われます。わかります。そういう上手いこと出来る人が、早く内定とれるのが、現実でと思います。

ただ、私自身は、そういう事は一切しません。できるだけ、本音をいうようにしています。今までの就職活動の中で、本音を出した方が、内定もらえたりします。実際に就職してみて、本音で働く事ができなくなるという事が起きれば、職場において、本音ではなせないならどうしていくのでしょうか。それならば、あらかじめ本音ではなしをすることが簡単に簡潔に答えて、いく上でも大事です。出来る限り本音を言うようにしていると、誠実である、表裏がないと評価して頂ける可能性が出て内定に近づくと思います。

面接で何をいうか、考えはざっくりと

面接では、緊張があるので、自分が何をいうかとかは、すべて忘れる事があるので、かならずざっくりと考えるようにしないと難しくなかなか言葉が出なくなる可能性がでてきます。

それならば、先にざっくりと紙などに自分なりにかきあげてみたらいいと思います。

これらをしっかり出来たらいいな。と思います。