ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

ワクチン接種へ警戒している方へ

こんにちわ。

コロナ禍のワクチン接種が、いろんなところで、言われてますが、ワクチン接種だけではなく、感染しないための身体作りもしないとだめだなと思いますし、国を挙げた推奨が必要だとこれまで声を上げてきました。

しかし、ワクチン接種により、死亡症例が出ている事や、副作用が心配だからという理由で、接種に抵抗があるなど、いろんな意見があると思います。

ただ、ワクチンを接種しないために、救われたはずの命を救えない可能性もあるということに、未だに気付いていない方が多いと思います。

まず、記憶に新しいものであれば、子宮頸がんのワクチンの話ですね。接種後の副反応で、障害が残った方たちが、訴訟を起こしました。

今まで定期接種で推奨されていたのに、国が、だいたい的な話ができないために、休止に追い込まれました。

この事件のその後だいぶたった後、新聞に掲載されたとある弁護士さんが話されている事に、私は違和感と、憤りを感じました。

f:id:yakuzaishis:20210617123417p:image

こちらの弁護士さんに対して私は、大変な憤りを感じました。確かに救済策は不十分だと思います。しかし、ワクチンをあたかも悪者のように言うことは、信じられないです。もちろん筋肉注射ですから、今回のコロナウイルスワクチンと同じです。筋肉に直接刺すため、局所で筋肉の萎縮も起こると思います。仕方ないです。

この弁護士さんは、このワクチンが、子宮頸がんを予防したという化学的根拠がないと言われていたことが、私には、許せませんでした。

どうしてそういう事を言われるんだろう。私は、違和感だけではなく、やり場のない怒りを感じました。

健康に生活できている事がすごい奇跡だなと感じますし、たぶん思うはずです。

ワクチン開発に遅れをとる日本になったのは、他でもない国民の、ワクチン警戒がひどいことに起因しているという自覚をしていかない事には、遅れをとるばかりになり、国産ワクチン開発、製造に行かないと強く思います。

医療関係者は、ワクチン接種による効果、副反応を包み隠さず公開した上で、国民の警戒心を無くす努力をしていくことが、必要だと思います。

補足、今までは、完全なエビデンスがなかったとされていましたが、北欧で世界初の論文が、出されたので、書きますね。

https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/050800004/101900146/?P=2&ST=m_medical