ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

内定でそうででない…

こんばんは。

就職活動も佳境に入ってきました。

思えば、薬剤師国家試験に合格し、いろいろありながらの10個以上の不採用を経験し、ようやく内定がもらえたと思ったのに、なかなか異なる条件変更がありなんとも言えず、内定取り消しを受けることになったことなど、本当に自分はどうしたらいいのか、わかりませんでした。

ただ、こうした事も、実際に就職活動していないと分からなかった事ですし、仕方ないと思う反面、自分も内定をもらったことに浮かれていたんだと思います。

そういう事を理解して、次の薬局に目を向けて良かったとは、まだ言えませんが、それでも、しっかり対応したいと思う気持ちを強く今回の社長さんには感じました。

アイ薬局という薬局もありますが、まったく違う薬局だなと感じます。そういう事を考えた時、自分の意思で生活スタイルなどに違和感などを感じていました。

残業も、そこまでないのかなども、考えないとダメです。内定を簡単に出さないのが、私にとっては、誠実さを物語っているようにも見えて、頼りがいのある方だな。と感じました。

いろんな意味で、考えないとだめだなと、さらに感じるようになりました。