ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

面接を受けて思ったこと

今日は、薬剤師の方にこそ見てほしいと感じます。こういう考え方を、多くの薬局の経営者には知ってほしいです。

今日行った面接の薬局の社長の考え方に、私は、感銘を受けました。

「患者さんが、給与を払ってくださっている。

 僕は、給与を立て替えてみんなに支払って

 いるだけなんだよ。」

「社長の僕の顔色みなくていいから、患者さん

   のために、働いて欲しい。」

いかがでしょうか。こういう考え方が、できる薬局の経営者が、どれだけいるでしょうか?

社長の立場を、いいように、使って、横暴な態度を取るところが多いのが、現実だと思いますし、実際に、そういう薬局に行くことで、退職に追い込まれた方もいます。

それに、社長にしては珍しく、かなり、なんでも聞いてくれる薬剤師さんだなという印象を受けました。就業前に、きちんと誤解を解くことで、退職しなくてもいいように、対応してくれることに、私は、ありがたさを感じました。

後、薬剤師として、しっかり考えておられるなという印象をうけました。

昔、病院薬剤師でおられた時に、医局長さんからのかなりの叱責を受けられたそうです。

しかし、薬剤師の役割を、しっかり認識していたからこその叱責だったと今なら思いますと、言われているのが、印象的でした。

医師に、しっかり使用法などを指導する役割があるんだという事、それこそを、医師で、理解されている方は、なかなか少ないと思います。

そんな中でも、きちんと薬剤師に対して、厳しいと思われる一言を言い、気づきを与えてくれた医師の方に対して、私は、拍手を送りたいと思います。

薬剤師だからとか、医師だからではなく、相互理解を得る努力は、必要だと思います。

チーム医療をしていくんだったら、なおの事、医師は医師、薬剤師は薬剤師という感えを捨てた、また新しいコミュニティを作る事が必要だと思います。