ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

薬剤師の皆様、しっかり考えられていますか?

f:id:yakuzaishis:20210521160557j:image

こんにちわ。ある記事を見て、狭間研至先生への批判や、無責任な発言をされているというコメントも見受けられました。

私は、正直なところ、かなり怒りを感じています。その理由を書いていきたいと思います。

調剤の外部委託への批判

正直なところ、薬剤師は、薬の専門家です。確かに、実際に調剤をして、確認して投薬するのが、当たり前で行われた背景があります。

しかし、この調剤行為が、事務員でも、できるようになりました。直接手を下さなくても、よくなったわけです。粉薬も、水剤も機械で調剤ができるようになっています。これにより、薬剤師が患者さんとの話により、さく事が可能になりました。調剤の外部委託だって、同じ事です。今までは、自分たちが、処方箋を確認して調剤していたわけです。この、処方箋の確認をして、疑義があればそこで、薬を変更した上で、外部委託先にお願いしたらいい話です。

薬局の中には、調剤室がなくなり、薬剤師は、より広くなった場所で、より患者さんと相談や、継続観察などで、話をして調子を聞くことにしっかり時間がかけられます。

そのための場所として、薬局は使うべきです。批判している方たちは、このような考えに至らなかったのではないかと感じます。

対人業務は何か?そこを意識するべきでは?

そもそも、狭間研至先生が、なぜ、薬局経営をされているのか?おわかりですか。

医師の立場から、どういう薬剤師が、求められるのかを、認識されています。と言いますのも、薬剤師のあり方に疑問を呈する気持ちがあったんです。真のかかりつけ薬剤師を作り出すために、何が必要なの?そこを真剣に考えているからこそ、薬剤師の働き方に提言されています。一度、この本を読んでください。

医師としてうだつがあがらないから薬局経営している?

あるコメントをそのまま書かせていただきました。私は、そうは思いません。

たくさんの論文を学会参加で書かれています。それにより、たくさんの論文が、めに見える話になっています。医師としてうだつが上がらないから、薬局を経営している?そうでしょうか。医師の立場から、薬剤師への問題提議を単にされています。医師として、一流ならそこで輝いているはず。そうでしょうか。

私は、医師側にしか話が通じない人間になるのは、薬剤師や他の医療者との連携に、支障をきたすことになる危険性がありますよ。

私は、そう感じています。

狭間先生が無責任な発言をしている…薬剤師へのメッセージが隠れていることに、気付けていない

はっきり言って、私は、このコメントに、大変違和感を感じました。はっきり言って、私は、善意でいわれているのにも、かかわらず、こういう発言を言われることに、呆れています。

そもそも、中小薬局こそ、外部委託をして、経過観察などに力を入れていくことが、大事ですし、せせこましい中で、仕事をするとは、ミスにつながります。大きな機材が入れられない中で、どうやって薬局を、前向きに、経営できるのかを、考えているかという事を聞かれていると思います。薬剤師としての役割を、考えれば、なおのこと、こういうコメントはないと思うんです。それに、適切な会社運営ができていれば、経営者がいなくても、会社は回っていきます。そういう視点を持っているかどうかを考えている事が求められると考えますね。