ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

精神治療薬の勝手な断薬は、危険です。

こんにちわ。

同じ医療者の方なら、すぐにピンと来る方いますよね?

私は、精神治療薬の勝手な断薬をされている、多くの患者さんに対して、かなり強く危機感を募らせています。

薬剤師の方や、精神科医の方にも、理解して頂きたいなと思い、記事を書きます。

薬の副作用が原因だと知り、恐怖を感じて…断薬を始める理由

確かに、精神科で使われる薬は、全て脳に作用します。その入った先以外での、作用がもとで副作用が起こります。しかし、副作用を抑える薬や、もし、副作用が出た場合は、減薬することも実際には、可能であります。なぜ、正直な話し合いが、医師と患者で、なされないのか、私には、理解できません。

症状が落ち着いているのか?そこの部分を、良く理解して、患者の会話から、見抜ける力も、薬剤師も必要になると強く感じました。

断薬する…命の危険と隣り合わせだという事を理解して

現場で、されている治療の一環で、薬の減薬が、行われます。特に、完全に薬が、いらなくなるためには、数年単位の期間が、必要です。

その間も、もちろん離脱症状や、禁断症状も、出てきます。が、断薬とは、異なり症状は、まだ、そこまでではないと言われています。

もちろん、少しずつ身体を慣らす意味で、減薬していくので、離脱症状や、禁断症状は、出ても強くないと思われます。しかし、一気に、断薬するのは、かなり強く離脱症状や、禁断症状が、でてきます。下手をすると、命に関わります。医師や、薬剤師に相談してください。

薬剤師の存在意義はどこにある?

精神科治療を辞めて、断薬する方が、最近多くないか?と、ブログを見て思います。

断薬することが、正しいことのように、言われているサイトも見たことがありますが、そのサイトの運営者個人の場合であり、それが、他の方にめ、あっているのか?を考えてしまいます。個人の体質や他の因子がどうかを考えた上で、薬が、処方されています。

なので、断薬しても、人によっては、上手くいかないことがあるのは、当たり前です。

ですが、なぜ、薬剤師が、こういった断薬への違和感なしに服薬指導ができるのでしょうか?

それこそが、薬剤師の怠慢ではないかと思います。そういう相談が、出来ていれば、医師への受診勧奨もできるのではないかと思います。

今後は、こういった断薬が、勝手に行われることが、なくなっていって欲しいと感じています。