ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

人の生き様は、死んだ時にわかる。

こんばんは。

実家に帰省して、いろいろ考えることがあり、記事を書いています。

私の家族と、親戚のように付き合っていた、知り合いの方が亡くなり、私の母が通夜、葬儀に出席しました。

その時、いろんな人から話を聞いて、その人が生きてきた生き様は、その人がどれだけ、人に対して良くしていたか、人に貢献していたか?

それが一番聞いた中で多かったと、私の母が言われていました。

ここから先は、その話を聞いた私、Rasが、思っている事を書いていきたいと思います。

人に対する感謝は、人を作る。

感謝が人を作る?何を言っている?と思う方は、多いと思いますし、この意味を正当に理解している人は、どのくらいいるのかなと、私は思っています。

私がこの事で、いいたいのは、自分の都合や、自分の気持ちだけで、突き進むような身勝手なやり方を断行するようでは、いけないという事です。

人に対する感謝は、その人が成長しているからできるんです。人に対して自分を曝け出すことができるんです。自分の弱さを理解しているんです。だからこそ、できない事で、自分がお世話になっていたら感謝できるんですよ。

そういう意味で、感謝ができるのは、人としての成長があるからだと言えます。

人の生き様は、周りが良く見ている。

私は、今回の知り合いの死去に大変辛い気持ちでいっぱいでした。私や弟の帰省時には、おかずを作って持って行かせたり、私たちに対して、いつも気にかけてくれていました。人が、どう思うかではなく、自分たちの気持ちから常に動いてくれました。親戚が少ない私たちにとって知り合いの方は、家族に近い関わりを持って接してくれました。

その方の妹さんの話を伺っても、その方の徳の厚さには、敬服する一方で、こんな方を、私も目指していくべきだと思いました。

人との信頼、徳は、貯金同様だ。

人がどうかではなく、自分がどれだけの信頼や徳を積み重ねたか。それが全てだと思います。

人に感謝することも、してくれた人に対して、労をねぎらうためです。信頼も一緒です。

してくれた人を信じて、共に進む仲間として、一緒にやっていくのですから、仕方ないです。

ただ、人に対して不平不満を垂れるのは、筋違いです。信頼関係が壊れる最大の理由は、この不平不満によります。私は、人がどれだけ苦労してきたか、わかるためには、労力を厭わないです。それは、自分が一番わかっているから。

だからこそ、今の会社には、良くしてもらっていますし、信頼関係をより強くしていきたいと思います。

まとめ

今回の話を見て、みなさんは何を感じたでしょうか?人の死は悲しいですが、そこから何が見えてくる事はないでしょうか?

今回は、人の生き様をテーマに書いていきましたが、やはり最期を迎えて初めて、その人の性格や生き様がわかるという事に、私は衝撃を受けました。だからこそ、みなさんも、今から考えて欲しいと思います。

今後このような方からのメールは受け付けません。

f:id:yakuzaishis:20210918201045p:image

こんばんは。かなり遺憾なところですが、こちらのメールを送られた方に対してですが、私は、大変困惑しています。そして、かいてあるように受信拒否をしています。

私のメールは、私のブログへの意見や感想などと言った個人的な対応に使うためにさせていました。しかし、今後このような悪戯に使われ続ける場合、メールアドレスの削除を考慮に入れなくてはなりません。

ブログ仲間の方からの質問なんかで、個人的な意見を聞くという機会すら、自身の手で、潰すことは、大変辛いですが、今後そういう手段を取らないといけなくなるため、本当に、いい加減にして下さい。私は、本当に使いたい人が使えなくなるような事にしたくありません。

ご理解のほどよろしくお願いします。

 

 

 

 

薬剤師としてどう生きるか?

こんにちわ。

残業時間が、20時間を超えたRasです。薬局の閉局時間になっても、沢山処方箋が出てくるので仕方ないですが、これからも頑張ります。

私が、社長に言われたことで、気になるのが、人生道半ば…ということ。

そもそも、この人生道半ばって年齢いくつの時かわかりますか?

それは、なんと90歳なんです。だいたいの多くがそれぐらいで、絶命するなか、稀な存在になるのが、100歳越えの方なんです。

たかぴすさんみたいに、夢に向かって日々努力している方もいます。

そういう方を、見ていると、私も日々努力し続けないといけないなと強く認識しています。

追記

この記事に対して、思ったこと、感じている事などありましたら、皆さんの投稿をお待ちしています。

また、皆さんとzoomを繋いだ話し合いなんかもできたらいいなと思っています。

大学に入ることを目標にし過ぎる方にいいたい。

おはようございます。

東大を含めた旧帝大や、その他の国立大学や、私立大学を目指す大学受験現役生や受験浪人生の皆様。

皆さんは、大学に入ることを目標にし過ぎていませんか?良く読んでいるブログを見て、かなり危険性が高く、それでいてこういう受験生の増加は、どこの大学に出たかのみを気にするだけの学生を増やし、プライドだけの人間を作りだす原因になり得るという危機感を感じました。

だからこそ、皆さんに考えて欲しいと思います。

最終学歴が、どこかなんて関係ない。

未だに医療系の学部で、特に医学部では、どこの大学かで出世するしないがある学閥がまかり通るところがあり、おかしい話がありますが、はっきり言えば、どこの大学出ていようが、医師である、薬剤師であるは、変わりはないわけです。正直なところ、最終学歴で、貴方の価値が決まるわけがないんですよね。

東大以外大学ではないみたいな発言を耳にすることがありますが、そういう認識を持つ方は、本当にリスクが高いです。受験生の皆さん、プライドがあるのは、わかりますが、間違っても、こういう馬鹿にした態度はやめて下さい。

大学は入るのが目的ではない、何を学ぶのかが目的である。

大学には、どういう目的で入る方が多いでしょうか?医療系学部であれば、将来的に着きたい医療職が決まっている場合があります。が、しかし、そうやって決まっていない方は、何のために大学に行くのか?大学に行ったら、遊べる。バイトできる。そういう浅はかな考えだけで、大学を選んでる方もいますよね。

でも、実際には、大学は、何を学ぶのかを考えてから受けるものです。大学に入る以上は、自分が本当にどうしていきたいか?それを、良く認識した上で、大学を選んで欲しいですね。

大学受験浪人生に対して言いたいこと。

私も元大学受験浪人生の一人です。だからこそ、思うことがあります。特に、プライドの高い学生に言いたいことがあります。

それは、〇〇以外大学ではないとか、人を下に見るような発言は、やめてほしいです。

特に、今からの時期では、浪人生とはいえ、二つに分かれ始めるのです。それは、なぜかというと、本当にその大学にこういう事がしたいから行きたいと思う人と、〇〇以外は大学ではないと人を下に見ていたが、あまり成績が上がっていない人です。

この差がなぜ起きるのか?皆さんは、理解できますか?

それは、大学で学びたいことなく勉強しても、モチベーションが上がらないだけではなく、成績も上がってこないからです。これは、大学受験浪人時にわからないとだめなんです。私は、気づけなかったです。それが、ダメなんです。

早く気がついてください。

まとめ

今の時期から、本当に考えていかないと受験は、迫ってきます。自分が一番どうしたいのか、大学に入ることを本当に考えて、勉強をして欲しいですね。かなり厳しいと思うかもしれないけど、これがわからずに勉強するだけでは、その後の自分がダメになってしまいます。良く考えて、勉強をして下さいね。よろしくお願いします。

癌と検査

こんばんは。

今日書きたいと思うことがあり、記事を書いていきたいと思います。

癌検診〜癌の早期発見の第一歩〜

皆さんの中で、癌により見送った方がいるだろうか?薬剤師になってから、私は、今も思うことがあります。

癌は、今や医療技術の進歩で、癌によれば、5年生存率が高いところもあります。しかし、それは早期発見、治療ができた場合。

進行癌であれば、手術だけではなく、化学治療も併用しないといけなくなってしまいます。末期癌であれば、手術はもはや無理です。

本当に、どれだけの人が、この検査を受けていれば、どれだけの人が、幸せを手に出来ただろう?考えると涙が出てきます。

癌で亡くした身内や知り合い。

祖母も、最終的には、癌で亡くなりました。しかし、それだけではなく、知り合いの多くを、癌で亡くしました。癌で亡くなるのは、壮絶な最期であったと思います。ただ、なぜ早く検査を受けていかなったのか!と怒りもあります。

癌の要因は、取り除けることがある。

癌の元になる要因は、一つではないです。胃がんであれば、ピロリ菌、塩分、タバコなどがありますが、これらは、慢性胃炎を起こしうるリスクがあります。こういう事実があるので。

だからこそ余計、検診を受けて、全身をキレイに診てもらえていれば、小さいうちに芽を摘むことができます。本当に、その通りです。

薬剤師だからこそ考える必要がある事。

薬剤師は、化学療法におけるレジュメを覚える事が必要であるが、それ以上に癌の種類まで、わかる必要があります。

検査を推奨することも薬剤師が知識があるからこそのことであり、その意識を持って対応することが求められていると言えます。

患者さんに対して、しっかり対応できているか良く考えて行動したいと思います。

受験は、やり方を変えないと合格はない。

おはようございます。

いろんな資格試験のブログや、大学受験浪人のブログを読んでいて思ったことがあります。

予備校は、知識を提供してくれる場…復習の場ではない。

良く予習してから、予備校で講義を受けてくださいと言われたりしますが、皆さん勘違いしていませんか?予備校側が言わんとすることを、きちんと理解していますか?

実は、予習してわからないところを、自分なりに見つける意味で、予備校が言われいるだけです。あくまで学生のため。

ただ、予備校そのものは、知識を提供してくれる場であります。復習の場ではないです。

有名大手予備校に自分があっているか?

良くみるブログで、気になるのは、本人が、大手予備校に入り、医学部を目指されているんだという事でしたが、現役から成績が伸びていない、合格圏内が遠いという事は、やり方や、予備校そのものが、あっていない証拠であると、断言できます。

確かに、専門の予備校に通うお金がないかも、しれませんが、医学部を専門に扱うコースであったりするので、大手予備校のそういうコースがあるところに通うのが筋であるとも思います。

一方で、mayさんの場合、確実に力をつけています。現論会で、自分にあった参考書と勉強の仕方のサポートを受けて成績そのものをあげています。こういう事実を理解するべきですよ。

予備校に通うのが偉いわけではなく、合格するのが目的ですからね、厳しい言い方かも、しれませんが、これが現実であるのを理解してほしいです。

予備校では話ができる相手を見つけろ。

私は、大学浪人の時、国試浪人の時、予備校で、話ができる仲間がいました。

自分の努力を適切に理解し、評価をしてくれる人でしたが、そういう人は、表面的に人を見ません。本人の人柄を良く理解してくれる人です。そういう人は、います。ただ、なかなか会えるわけではないです。そういう人は、自分を理解するために敢えて話してきません。

私の場合は、懇親会で仲良くなりましたが、そういう場で、初めて話すことがそういう人は、多いです。遊んでいないという事です。

そういう方たちと話ができる環境になれば、勉強を教えてもらえたりします。是非、そういう方を友にできる人間になれるようにしてください。

こういうやり方を変えないで受験をしても一緒です。自分を曝け出すことから始めてください。受験は、やり方を変えないと合格はない。

私は、えばさんを応援しています。

こんばんは。

今日も、徹底して処方箋が開局時間過ぎても、途切れず、山のように来ています。そのため、今ようやく電車に乗り、岡山駅に向かっています。もうすぐ、二か月になりますが、私は、どうなるんですかね…。

私は、えばさんを応援したいといつも感じていました。

人間味ある記事に引き込まれる。

本当に、就活生の時、いや、大学生の時に、出会っていれば、違ったのにな!って思うほど、その記事には、引き込まれていきます。

薬剤師になって二か月ほど、就職活動をして、無事薬局に就職することができました。ただ、もう少し早く会っていれば…という気持ちは、変わりません。

共感できる話が多い。

私も面接でも、書類選考でも、落とされた経験があります。中には、形上に、内定を出して頂いたのに、向こうの都合と私の返事にラグがあり、内定を取り消された経験がありました。面接でも、何回も落とされてきました。しかし、面接の評価では、真面目な人という印象を与えられていたので、良かったなと思っていました。ただ、えばさんも、面接が苦手だと言われていて、そうなんだ、私だけじゃないんだという気持ちになりました。

就職することが全てではない…

私の資格、薬剤師も、就職することですが全てではないことがあります。イラストレーターや、作家など、在宅ワークが可能な仕事もあります。ではなぜ、就職にこだわるのか?それは、安定した給与ではないか?と思います。私もそうでした。ただ、自分の夢を未だに諦めきれないえばさんに、私は、その夢を実現してほしいと思います。就職するにしても、自分のしたいことが見つからないのは、本当に大変なことです。無理して就職しても、続かない。それでは意味がないですよ。だからこそ、えばさんには、今も燻り続ける夢を叶えてほしいです。

 

というのが、私の気持ちでした。では。