ある薬剤師のひとり言

薬剤師として思ったことを、書いていきたいです。

タスキギー梅毒事件 後編

おはようございます。

今回の記事は、タスキギー梅毒事件の事件背景と、今のアメリカのワクチン憎悪に繋がる現実について書いていきましょうか。

タスキギー梅毒事件って?

研究の第一の目的は、ペニシリンが梅毒の予防薬としても使えるかどうかをみることでした。また、ペニシリンで梅毒が一度治った人間が再び感染するかどうかにも関心がありました。

実は、タスキギー梅毒事件が起きた事件背景には、梅毒の再感染やペニシリンが本当に治療薬として適切かという関心があったのが要因だったようです。

実際には、戦後史では最悪の事件だったのではないかと思います。

この事件の残忍性について

私は、恥ずかしながらこの事件を知りませんでした。そもそもタスキギーの梅毒事件で、ターゲットにされたのが、多くが黒人でした。

まだ、差別が色濃く残るアメリカで起こった事件でもありましたから、黒人差別をより助長したことになったのではないか?と考えます。

アメリカでの黒人のワクチン接種率の低さ…梅毒接種への憎悪が物語ることとは?

今、ワクチン接種をアメリカ🇺🇸やほかの各国が躍起になってこぞってワクチン接種を競うようにしていますが、アメリカでの黒人のワクチン接種率は未だに低い水準のままだと言われます。

そして、現実問題、未だに現代に生きる黒人の多くがワクチン接種への憎悪を顕にしています。

これは言うまでもなく、タスキギー梅毒事件の結果だとはっきり言えると思います。医師たちが、倫理観なく黒人に梅毒を接種させ、それにより治療をされず、末期にまで貶められた。

自分たちが治る、治りたいと信じていたことが覆され、重症化していくのを黙って我慢して、死んでいった。

本来なら治療薬とそれ以外を使った試験のはずが、それすらなかった。

ワクチン接種してほしいと望む人よりも、そのワクチンのために命を落としたと考える人が、あまりにも多かった。

その事実がある以上、これから先、アメリカで黒人がワクチン接種に前向きになるまでには、相当な苦難があると考えます。

以上が、後編になります。皆さんはどう感じたでしょうか?コメントありましたらお願いします。では!

当事者意識と自責思考について

こんばんは。

今回の記事を書く前に、この記事を読んで頂きたいけど、逆に読まないことを願っています。

なぜかというと、すでにその思考で働いている方がほとんどであってほしいと思っているからです。

だけど、現実問題、当事者意識や自責思考を持たない人が多いです。だからこそ、この記事を読み、自分たちがどうあるべきかを意識してほしいです。

当事者意識のあり方を理解する。

はっきり言わせていただきます。

現場で日々働いている皆さんに対して物凄く失礼なことを言うかもしれません。

皆さんは、ほとんどの人が、当事者意識を持っていませんよね?

一部、職場の関係で、いやでも、当事者意識を高く持たないといけない人ならいいですが、それ以外なら、持たない人がほとんどではないでしょうか?

経営者になる、起業家になるというか、自分を高める努力をしている人しか、当事者意識を持っていないのでは…と推測しています。

じゃあ、なぜ、私が当事者意識を持つことを話しているのか?そもそもの当事者意識のあり方はどうかを考えてほしいです。

当事者意識とは自責思考のゴール

私は、当事者意識とは自責思考のゴールだと位置づけています。なぜかというと、自責思考という考えは、自分事に物事を考える、それを何回も積み上げた上に成り立つものだからです。

医師👩‍⚕️という職種を例にとり、考えてみましょう。

まず、医師は医療現場でのトップではありますが、組織の中では下です。あまりにも、医療現場をクローズアップして考えられていますが、違うことをまず意識してください。

次に、医療現場のトップですから、リーダーシップが取れないといけません。薬剤師や看護師、臨床検査技師放射線技師などのメディカルスタッフたちに指示し動いてもらわないといけません。

ここで、一つ。

その指示が不適切だったために、ミスを誘発させてしまった場合、医師の思考でどう考えるべきか、そこ🫵を考えてほしい。

この場合に、冷静に、自分の指示が不適切だったからほかのメディカルスタッフがミスしてしまったんだと考えられる事が、自責思考ができている方です。

ただ、多いのは、ミスをした側に責任があると考える事なんですよね。

こういうのは、他責思考なので無意味ですよ。

自責思考という概念を自分に課して何回も繰り返している人たちが当事者意識が高いのは、理由があります。

当事者意識なき者は、職場から去れと経営者は考えている。

私自身の職場でも、いろんな意味で他責思考を振り回している方が一定数います。

ただ、他責思考しか無い人は、真面目にやる気がありません。

問題なのは、当事者意識のなさからくる他責思考の思考パターンの方がやっかいなことです。

特に、医師や薬剤師といった資格取得者によく見られます。私の周りにいた人には、いませんでしたが、他責思考の思考パターンの方は、自分のミスを、他人になすりつける場合があります。経営者側も、これには頭を悩ませている方が多いのでは無いでしょうか。

経営者も、自身が自責思考できたため、他責思考でいる職員とは相容れない関係であり、できれば、雇いたくない。職場にいて欲しく無いと考えています。

以上書いていきましたが、皆さんのところはどうでしょうか。他責思考な経営者もいますので、一概には言えませんが、何事も自責思考、当事者意識を持つことの大切さをより理解してほしいです。

では。

タスキギー梅毒事件 前編

こんにちわ。

皆さんには、前に言わせていただきました記事を読んで、知識を深めて頂き、ご自身の命を守ることに従事してほしいです。

今回の記事は、タスキギー梅毒事件を知ってもらう前提知識として、梅毒について書いていくのを前編とし、後編にタスキギー梅毒事件の事件背景と今に至るワクチン憎悪が現在のアメリカで、起こっている事実について書いていきます。

梅毒とは?

皆さんは、梅毒という感染症をご存知でしょうか?性感染症にも含まれることがあり、聞き馴染みのある方もいると思います。

梅毒とは、梅毒トレポネーマいう細菌により引き起こされる感染症であり、末期には神経を錯乱させることが分かっています。

梅毒トレポネーマの発見者

梅毒トレポネーマを発見した人を皆さんはご存知でしょうか?

野口英世先生です。

ご存知の方いましたか。

梅毒トレポネーマ。

当時梅毒の発見が難しいと言われていたこと。なぜかわかりますか?

スピロヘータとありますよね。

これは、螺旋状の細菌であることを意味しています。ということは、顕微鏡で見ても断片的にしか見ることができません。そのため、発見しようにも、処理の仕方が難しくなかなか困難を極めていました。

しかし一方で、野口英世先生は、脳の断片をきれいにスライスしてそれを合わながら顕微鏡で🔬みた上、そもそもの梅毒の純培養に成功しています。

梅毒トレポネーマが実際に存在すること、それが、末期における神経異常を引き起こすという事もはっきりわかったのです。

梅毒の怖さは?

性感染症で知られているので、よく知っている方は多いとは思います。が、どれだけの怖さがあるか、実感が湧かない人たちがいると思いますので、書いていきましょう。

f:id:yakuzaishis:20220923124714g:image
f:id:yakuzaishis:20220923124717g:image

上が、梅毒の罹患者数のグラフ、下が男性と女性の年代別の罹患者数のグラフです。

このグラフを通して考えてほしいのは、梅毒の感染拡大が現コロナ禍でも、起こっていること。ステイホームの呼びかけにより、家でのデートをしていた人たちが、きちんとしたSEX対策をしていなかった可能性や、パートナーとの検査が間に合っていなかった可能性など、考えられる可能性やリスクは、上げ出せばキリがないんですね。

こういう実情や、女性だと20代の罹患者が多い事から性教育のあり方などを再度確認していってほしいです。では。

薬剤師が考える、自分の命の守り方

こんばんは。

今回の記事は、私が薬剤師として、自分が一番大事にしている考え方を、皆さんに共有したいと思います。

私の考えている命の守り方

今や新型コロナウイルス感染症やたくさんの疾患が世界を跋扈しているそんな状況です。

ただその中で、ウイルスの専門家が医学や薬学の専門家ではなく、農学や生物関係の専門家であると言う事実を皆さんが知っているか否かが、自分の命を守れるか否かに繋がると言う事です。

では、私の考えている命の守り方とは、何か?

それは、知識を身に付ける事です。

医学や薬学の知識を身に付ける事だけではなく、生物学や農学に至るまでに興味を持つことが、自分の命を守ることに繋がります。

なぜ知識を身に付けなければならないのか?

医師や医学部生、薬剤師や薬学部生で一度なら目にしたこともあると思うウイルス学。実は、このウイルス学の専門家が、誰かわかる人いますか?実は、獣医学者なんです。要するに、医学部や薬学部出の人間ではなく、獣医学部出の人間であるんです。

この事実を、皆さんはご存知でしょうか?

今まで、日本医師会や薬剤師会が感染対策やマスク着用を盛んに進めてきましたが、果たしてそれらの意味があったでしょうか?

残念ながら、未だに日本で、コロナ禍が明けないのは、本当の専門家である獣医学者を大切にせず、似非専門家で話をしてきた医師や薬剤師に問題があるんだと言う事実を理解しようとしていないからです。

ほかの国での詳しい実情はわかりませんが、本当の専門家である獣医学者を大切にしているからこそ、平時の頃に戻りつつあるんだと思います。

ここまで読んだ方なら理解して頂けると思いますが、知識を持たない、又は知識がない人たちが考える施策ほど、怖いものはありません。

政治の面でも、そうですが、ゼロコロナ政策なんてまず無理な話です。実現不可能な話ですよ。馬鹿でしょう。

少し音声が乱れましたが、私は物凄く思います。

知識を身に付ける事が自分の命を守ることに繋がる。

そもそも、ウイルス学や細菌学は医学部や薬学部でもカリキュラムに入っています。これだけを考える、勉強するのは難しいです。

しかし一方で、細菌学やウイルス学は人だけのものではなく、動物や植物にも重要だと考えます。人畜共通感染症にも、ウイルス性の疾患があります。コロナウイルスもそもそもは動物と人が接触を持ったのが始まりでした。

こういう実情を知ること、つまり知識を身に付ける事でしか、自分を守ることはできません。

今後の記事作成について。

感染症についての知識の不足があまりにも多い。これは異常事態だという認識を持つべきでしょう。悲しいですが、医師や薬剤師などの医療関係者は、感染制御については詳しくなりますが、そもそものウイルスや細菌には詳しくありません。そういう知識があるのは、あくまでも、農学や生物学の専門家です。

今後は、日本で問題になった寄生虫疾患や、タスキギー梅毒事件など、日本や世界で問題になっている細菌やウイルス、寄生虫などに対して皆さんに知識を身に付けてほしいので、今後はそういう記事を作成していきたいと思います。

よろしくお願いします。

皆さんも、知識を身に付けて、自分の命を守ることを大切にしてください!

医療監視と適時調査について

こんばんは。

私の職場である病院は、有床の医療機関であり、基準に沿って存在する医療機関であるため、自治体からは、医療監視が、近畿厚生局からは、適時調査がなされる事になります。

そもそも、私も知らなかった事も多いので、実際の実情はどうなのか?調べてみました。

保健所が行うのが、医療監視。

よく同じように見えて、むちゃくちゃやばいのが、近畿厚生局が行う医療監査です。

保健所の実施する医療監視は、以下の事項を、物凄く見ますよ。

保健所に届けられている届出書と医院の実態が合致しているか
医療従事者の免許確認(医師、看護師)
医薬品の管理は適正にされているか
広告について違反がないか
感染性廃棄物の処理は適正になされているか
防災体制は確保されているか
カルテや処方箋が適正に取り扱われているか。

私自身の職場の場合は、病院ですので、医院のところは病院と読み替えが必要ですが、これだけの事が求められています。

ただ、一つ言えるのは、カルテ(診療録)や処方箋などは、保管期間が規定されていますので、それに応じた対応をしなければならないのが、難しいところだと認識しています。

厚生局が行うのが、適時調査。

医療監査とは異なり、医療機関の届出時と変わらないかの確認が一番大事ですが、少し書類を確認することもあるみたいです。

厚生局が行う適時調査のポイントは、以下になります。

f:id:yakuzaishis:20220921210213j:image

ここからわかることは、書類の管理や適切な届出や変更後速やかな申請があるか適時調査は、この施設基準が守られているかどうかの調査ということになります。もちろん、施設基準などの検査をすることになるので、監査とは異なる毛色になるとも、理解しておきたい点だと思います。

いかがでしょうか。医療機関である場合、行政の指導が入ることは物凄く怖いというイメージがあると思います。仕方ないのですが、それでも医院や病院、薬局を続けるなら仕方ないと、腹を括る事を覚悟して受け入れてください。

怖い思いをしたくないなら、そうならないように日々の診療を丁寧に行なってくださいと言うしかできません!

本邦における近視予防薬における報告

おはようございます。

今回の記事は、私のブログに新たに読者登録されました、米国で小児科医師として働いている先生です。

日本における近視予防薬の実態を把握できて居られないと、ご自身の記事で言われていましたので、この際、私自身の復習も兼ねて記事に書いていきたいと思います。

近視予防薬に使用されているのは、トロピカミドです。

作用機序というか、近視予防薬に使われている理由に、調節麻痺を用いたことによる作用にあります。

毛様体筋を弛緩し、水晶体の扁平化を介して屈折率を減少させ、遠点に焦点を合いやすくするため、仮性近視の改善作用があります。

青本5  薬理からの抜粋

実際には、近視になる前の実態として、仮性近視という状態があります。これが、かなり進んでしまった状態が近視だと言われます。

日本ではアトロピンは使用されていない。

使われるとしたら眼科診療で使われそうだが、残念ながら、アトロピンの作用時間が長いため散瞳薬には当てはまらない。なので、アトロピンの代用薬としてほかの薬を使用しています。

それにアトロピンは、海外では承認されてますが、日本では未承認です。

アトロピンの濃度による安全性

アトロピン0.01%は、アトロピンと比較して0.1%および0.5%の副作用が最小限であり、近視の進行を抑制するのに匹敵する有効性を保持 

シンガポール国立眼科センター)

タワマンがたくさんあり、近視のスピードが早いシンガポール🇸🇬では、0.01%のアトロピンを利用することで、仮性近視から近視に移行するのを抑制することができる事がわかり使われているみたいです。 

ただ、安全性が確立されているとはいえ、抗コリン薬の一つとして存在せるものより、全身作用がないとはいえません。局所作用を限定的に使えるようにしてはいますが、そこの部分は、気をつけなければならないところだと思います。

中身について質問があれば、またコメント欄に残して置いてください。

コロナ禍と個人情報〜必要な情報が集められない事態への警鐘〜

こんばんは。

今回の記事では、私たちの医療機関だけではないと思っていますが、職員本人や職員の家族の情報が入ってこない事態に、頭を抱えておられる方がいると思います。

実際、私の病院でも、近隣の公立病院の職員をされている方が、介護職員をされている方が、職員の家族におられる事など、事後報告でしか知らされない実情があります。

では、なぜ事後報告でしか知らされないのか。事前に知らされていれば、防ぎ得たこともあるはずです。

この事を私自身ずーっと不審に思っており、ようやく解明したので、記事で書いていきたい。

個人情報の保護の観点でうるさい

結局はこれです。もちろん医療関係者には、守秘義務があります。ただ、この守秘義務そのもの以上に個人情報の保護の観点でうるさく言われている事が一番に問題になっています。

医療関係者とはいえ、職場に対する最低限の報告はしなければなりません。家族全員を把握し、もしもの場合に、備えるのは、職員本人だけではなく、職場もあります。

万が一、その職員が倒れた時には、ほかの職員に対応を要請しなければならない。その場合、きちんと把握ができないと、その職員にも迷惑をかけることになります。

守秘義務は最低限守る必要がありますが、それ以上に個人情報の事前報告が今の時代、すんなりいかない事が問題だなと思っています。

個人情報だから…必要な情報を引き出せない危険性がある。

医療関係者や福祉関係者が、職員のご家族にいる場合と、それ以外の場合とで、情報の引き出しスピードが異なる事が気になっていました。

私の近隣の公立病院である浜坂病院や香住病院などの職員や、介護施設でお世話になっている方と、単純に公務員(警察又は消防職員など)の方とで、情報の詳細さなどが全く異なっている事に気づいたからです。

この差がどこにあるのか?それは、個人情報をどこまで守りきるかの差だと感じました。

もちろん、単純に公務員でも、個人情報はきちんと管理しているだろうし、警察や消防職員でも火事や事故の調書を作る時に必要な個人情報はきちんと把握しているはず。

その一方で、薬剤師や医師と言った医療関係者や福祉関係者の場合は、守秘義務がある以前に個人情報に対して物凄く厳しく考えている可能性があります。(本当は違うかもしれません。)

しかし、そういう事情があるにしても、事前に情報を知らされないというのは経営者側には、かなりの痛手であります。

前に、厚生局に問い合わせした時に、個人情報の関係もあるので、答えられないと言われました。もちろん、答えられるものもあったと思うのですが、その中に個人情報が入るため、公表が難しい。だから話せなかったのだと、考えます。

とはいえ、本当に必要な情報が集められないのは、良くないし、それが経営に直結することであればより重大な痛手を負う事になります。

個人情報保護法の改正が必要だと感じています。

私自身が病院で働いている中でこれだけ自分の中で考えを巡らせた事はありません。

ただ、それだけ病院に対するリスクがあると言う事が分かっているからです。

自分から情報を出すことがいやな人ももちろんおられる事は重々承知しています。

しかしながら、その情報がないために、入ってくるのが遅れたり、入ってこないために、犠牲になってしまう方が出てくる可能性も否定できません。

こういう実情を踏まえ、私は、守秘義務を緩めることそして個人情報保護法の改正を強く望みます。